総アクセス数 躍る小馬亭別館@袋小路屋敷の庭
躍る小馬亭別館@袋小路屋敷の庭
[もどる] [新規投稿] [新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]
  • 以下は新規投稿順のリスト(投稿記事)表示です。
  • 48時間以内の記事は new! で表示されます。
  • 投稿者のメールアドレスが収集ロボットやウイルスに拾われないよう工夫して表示しています。
  • 指輪物語を愛する人たちの部屋です。「指輪」やファンタジーの話をしましょう。
  • 暗証キーは投稿者が自分の発言を修正削除するためのもの必ず記入してください。
  • 無関係な内容の書き込みや他のHPへの許可なき勧誘などの書き込みはご遠慮願います。

  • [No.381] 遅レスです。すみません。 投稿者:長窪(ピピン)  投稿日:2008/11/27(Thu) 21:52
    [関連記事

    指輪本話、久しぶりで嬉しいです!!

    実はこの本、購入した記憶があり、
    読んだはずなのに、メモを取っていなくて、感想を書くにも怪しすぎる。

    コメントをするために再読しようと探したところ、なかなか見あたらず、
    さんざん探して、ようやくついさっき見つけました。
    この本、結構大きいんですよ。
    普通サイズで探していたので見つからなかったのでした。

    さて、中身ですが、個人的にはかなり楽しめました。
    一時期、雨後の竹の子のように店先に並んだ紹介本やあらすじ解説とは
    テイストが全く違います。

    執筆陣は、成瀬俊一・安藤聡・伊藤盡(先生)・青木由紀子・井辻朱美・小野俊太郎・
    上橋菜穂子・小谷真理・藤森かよこ・赤井敏夫・鬼塚大輔の方々です。
    いろいろ好みや見解の違い、深さ浅さの差はありますが、
    日本で作られた指輪本としてはかなり力の入ったものではないでしょうか。

    買って損はない・・・と思うんですが。
    他の方のコメントがあればそれも参考にして下さいね。


    [No.380] この本読まれました? 投稿者:森島紫晶  投稿日:2008/11/24(Mon) 20:16
    [関連記事

    たまたま別の本経由で、いまさらながらこの本のことを知りました。
    お庭にいらっしゃる皆様は、この本はもう読まれました?

    「指輪物語 (シリーズもっと知りたい名作の世界)」
    http://www.amazon.co.jp/dp/4623045447/ref=sr_1_1?ie=UTF8&s=books&qid=1227524982&sr=1-1

    某所では評判は良いようですが、すでに読了済みの皆様。
    いかがだったでしょうか?
    買うか買わないか、悩んでいるので(笑)背中を押していただければ幸いです。


    [No.379] 残念です 投稿者:長窪(ピピン)  投稿日:2008/11/13(Thu) 20:42
    [関連記事

    mogさま ありがとうございます。

    ネットで無料掲示板はこういう事もありうるということを
    十分知っていたのに・・・・油断していたのです。
    今後は肝に銘じていかなくてはならないと思います。

    この寒さのおかげでホビット庄の紅葉も綺麗になってきました。


    [No.378] Re: 共訳フェロウシップについてのお知らせ 投稿者:mog  投稿日:2008/11/12(Wed) 12:51
    [関連記事

    長窪様

     それは大変でしたね。
     突然、というのはなんとも理不尽なこと。
     
     この掲示で、参加された方のデータが寄せられて復活できることを願い、祈るばかりです。
     寒くなりました。
     くれぐれもお身体、大切に...。


    [No.377] 共訳フェロウシップについてのお知らせ 投稿者:長窪(ピピン)  投稿日:2008/11/09(Sun) 13:32
    [関連記事



    とても残念なお知らせをしなくてはならなくなりました。

    長い間皆様にお世話になっておりました、
    共訳フェロウシップの「緑龍館」と「ラダガストに関する考察」が消滅してしまいました。
    というのも使用していたアラウンドBBSが10月7日に突如サービスを中止したようです。
    全く事前連絡もなく、いきなり掲示板がなくなりました。
    アラウンドのサイト本体へも接続出来ないままです。
    その数日前に書き込みをした時には少しも変わった様子がなかったので、
    いつものメンテナンスか不具合かなあと思っておりましたが、
    一週間経っても復旧しないため、繰り返しメールを送ったのですが、
    全て戻ってきてしまいました。
    その後もネット上に復活する様子がなく、どうもアラウンド自体がダメかもしれないと思い、
    あわててキャッシュを集め始めたのですが、yahooでは全く拾えませんでした。
    すっかり困り果てていたところ、Googleなら可能と聞き及び、再度挑戦したのですが、
    遅きに失したようで、緑龍館はほとんどサルベージすることが出来ませんでした。
    しかも、以前に自分のPCにバックアップを取ったはずなのにそのファイルを見つけることが出来ません。
    どうやらPCが一度クラッシュした時に消えたことに気づかなかったようです。
    復元に向けて努力したいと思いますが、正直なところほぼ壊滅的です。
    本当にすばらしい考察や記述がたくさんあって私だけでなく多くの方々の宝物掲示板でした。
    皆さんの貴重な考察をきちんと保管出来なかった事が悔しくて残念でなりません。
    本当に申し訳ありませんでした。
    もし、ほんの一部でもバックアップをとっている方がいらっしゃったら、
    どうかご連絡ください。よろしくお願いします。


    [No.376] Re: クウィヴィエーネン関西例会 投稿者:GANDALF  投稿日:2008/10/22(Wed) 20:28
    [関連記事

     お目にかかれるのを楽しみにしております〜。
     毎度のことですが、終わり時間が設定されておりません。笑。


    [No.375] クウィヴィエーネン関西例会 投稿者:長窪(ピピン)  投稿日:2008/10/21(Tue) 21:23
    [関連記事

    今週末に一ヶ月以上ぶりの西の都へお出かけ。
    旅の仲間の皆様にお目にかかれるかと思うと
    体調は今一歩ですが、実に楽しみです。

    クウィヴィエーネンを覗くと、
    11月には白の乗手の忘年会、
    そして1月の新年会。
    うーん。魅力的な企画もたくさんありますねえ。
    でも、その体力が足りない・・・
    当方、ミルヴォールかオークのお酒所望!


    [No.374] Re: アニメのだめ第2シリーズ 投稿者:長窪(ピピン)  投稿日:2008/10/21(Tue) 21:06
    [関連記事

    おおお!いらっしゃいませ。

    うう・・・・見てないんですよ。
    というか、我がホビット庄では放映していないのです。

    > シンイチくんのママが持ってる下宿の扉を見て
    > 「ろーどおぶざりんぐす?」

    くうう。そんなオイシイ小ネタ・・・見たかったです。
    でも、そのうち、電波はやってくるはず!
    もちろん、どんどん話題にしてくださってOKですよ。

    > もう受けないんですね、一般には。

    ・・・・うーん。そうかもしれない。ちょっぴしサビシイかも。


    [No.373] アニメのだめ第2シリーズ 投稿者:唐鳥える  投稿日:2008/10/18(Sat) 12:14
    [関連記事

    おひさしぶりです。
    はじまりましたね、パリ編。
    昨夜録画しておいたものを見たのですが、
    のだめのセリフ、換えてありましたね。
    シンイチくんのママが持ってる下宿の扉を見て
    「ろーどおぶざりんぐす?」

    もう受けないんですね、一般には。


    [No.372] ロリエンで発掘 投稿者:長窪(ピピン)  投稿日:2008/09/18(Thu) 21:42
    [関連記事

    おお、そうでしたね。
    そういう設定でした。
    フローレンス島の原人を掘り出す仕事なんて、
    楽しそうですねえ。

    「フローレンス」って「花」ですよね?
    するとホビット原人たちは「花の島」に住んでいたということになります。
    それってロリエン・・?

    ますます楽しい気分になってきました。


    | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 |


    - Web Forum -   Modified by isso