総アクセス数 躍る小馬亭別館@袋小路屋敷の庭
躍る小馬亭別館@袋小路屋敷の庭
[もどる] [新規投稿] [新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]
  • 以下は新規投稿順のリスト(投稿記事)表示です。
  • 48時間以内の記事は new! で表示されます。
  • 投稿者のメールアドレスが収集ロボットやウイルスに拾われないよう工夫して表示しています。
  • 指輪物語を愛する人たちの部屋です。「指輪」やファンタジーの話をしましょう。
  • 暗証キーは投稿者が自分の発言を修正削除するためのもの必ず記入してください。
  • 無関係な内容の書き込みや他のHPへの許可なき勧誘などの書き込みはご遠慮願います。

  • [No.371] Re: はて、今頃とは 投稿者:GANDALF  投稿日:2008/09/15(Mon) 22:49
    [関連記事

     おお、ほんと今頃ですね。
     そういえば、「ストーンハート」じゃないな。。。なんだっけな。そうそう!「アルケミスト」だわ。「錬金術師ニコラ・フラメル」って本だったと思います。^^;

     両親がそれの発掘作業に行ってしまってるって設定だったような気がする。(かなり物忘れの激しい今日この頃・・・)


    [No.370] はて、今頃とは 投稿者:長窪(ピピン)  投稿日:2008/09/07(Sun) 20:49
    [関連記事

    うさぎ足さま これはまた懐かしいお話ですね。

    最近また世間で話題になっているわけではないですよね。
    ホビット映画化が巷で大きな話題となるのはもう少し先のようにも思いますし、
    なぜまた今頃?という感じです。

    それにしても、こうして「ロード・オブ・ザ・リングの〜」と
    取り上げて頂けるというのは、こんなに移ろいやすい今の時代に
    まだ覚えてもらっているという証拠。

    ちょっぴり嬉しかったりします。


    [No.369] ハリーポッター ネタばれ 含みます 投稿者:長窪(ピピン)  投稿日:2008/09/04(Thu) 23:20
    [関連記事

    ふうむぅ。なるほど。そういうとらえ方が出来るのですね。

    私はハリポタ最終巻をまだ一回しか読んでいないので、
    ダンブルドアがスネイプをどこまで愛していたかどうかまではまだ読み切れてはいないのですが、
    スネイプが作者に愛されていたことはよく感じられました。

    また私が読み取ったのは、ダンブルドアがスネイプの性格を熟知し、
    スネイプの悲しみの深さを理解し、さらにスネイプを信頼していたということです。
    同盟者・共謀者・腹心の部下?(うーん、上手く言えないなあ)への信頼みたいな感じに捉えていました。
    「自分を殺せ」という依頼は、
    さまざまな憎愛を抱えて共に同じ困難な時代を一緒に過ごした者にだからこそ、
    言える言葉のような気がするのです。
    また、まだ若いドラゴではなく、
    今も傷を引きずったまま生き続けているスネイプにこそ頼めることであり、
    さらに、それはスネイプの心にとっても必要な依頼だったかもしれません。
    またダンブルドアはハリーに対しても「死ぬこと」を要請しています。
    スネイプが言うように「『死』に向けて育ててきた」のです。

    神は、深い愛を与えたまう一方で、人間の理解を超えた凄烈な厳しさも示すようです。
    ダンブルドアはそういう意味ではその両方を持ち合わせていたと言えるかもしれませんね。

    ガンダルフとフロドについての話題、ありましたねえ!
    懐かしいです!
    おっしゃるとおり二人の関係の中のキリスト教的な愛はよく分かる気がします。
    表には見えないけれど、いろんなところにキリスト教的なものがあるように感じます。
    神から遣わされたガンダルフだからこそ、その意義が一段と深まるのであり、
    神の用意した役目を果たしたからこそ、フロドには船出も用意されていたと思うのです。

    もう一度「プリンス」と「秘宝」を読み返してみようと思います。
    私はまだ十分に読み込めておらず、多分大切なことをまだ理解していないのではないかと感じているからです。


    [No.368] また フローレス島のホビットの話題が出ました 投稿者:うさぎ足  投稿日:2008/09/04(Thu) 14:11
    [関連記事

     ピピン様 皆様 こんにちは

     http://umafan.blog72.fc2.com/blog-entry-561.html

     さきほどNHK総合「スタジオパークからこんにちは」で、ホモ・フロレシエンシスの話題を取り上げておりまして、ロード・オブ・ザ・リングのホビットに似た人々だと言っておりました。この話は公式掲示板の有った当時も、話題になりましたね。

     まさか映画「ホビットの冒険』にちなんで、出て来た訳でもないでしょが、面白いものです。


    [No.367] ハリーポッターより「愛される」ということ 投稿者:唐鳥える  投稿日:2008/08/28(Thu) 23:57
    [関連記事

    「関西エルフ語口座」のスレから内容が逸れてまいりましたので別トピ立てます。

    日経の’児童文学トップ10’にハリポタがランキンングしなかった件、「悪意」は言い過ぎでしたね。最終巻読み終わった直後だったので興奮してました。確かに選出時完結していなかったので選ばれなかったのかもしれませんが、あれだけのビッグネーム、言及されても良かったのでは。選者のみなさまがその道の権威の方々でいらっしゃるので、ほっといても読まれるハリポタより、ぜひ読んで欲しい名作を選んだのかな、と思ってしまいました。

    そこで私が興奮した訳を少し語っちゃいます。(ハリポタネタバレあり)





    結局ダンブルドア先生は、スネイプ先生に「私を殺してお前も死ね」と頼んだのですよね。最強の杖を手に入れれば、いずれヴォルデモード卿が襲いかかって来るのであり、対抗できるのはハリーだけなのですから。そこでひらめいたのです。ずっと以前、指輪物語へのの考察でこんなのがありました。「マイアであるガンダルフにフロドの運命が見通せたか、見えていたなら知ってて死地に向かわせたのか」私はずっと、ガンダルフがしどいしととは思いたくなくて、わからなかったんじゃないかな?だったのです。でも、ハリポタ読了して考えを変えました。ガンダルフは、知っててフロドに託したのです。
    高い存在から「愛される」ということイコール、「つらい試練に立ち向かわされる」ということなのでしょう。神がひとり子イエスを十字架に架けたように。ダンブルドアがスネイプに自分を殺させたように。ガンダルフはフロドに指輪を託しました。愛とはちびしいものだったのですね。
    私、神様に愛されすぎてなくて良かった。背負えるだけの重荷を与えられるのですね。

    というわけで、ハリポタは名作です!

    指輪ネタをひとつ。にこにこ動画です。
    http://www.nicovideo.jp/watch/sm3572556


    [No.366] Re: 「ザ・シーカー〜光の六つのしるし〜」 投稿者:長窪(ピピン)  投稿日:2008/08/28(Thu) 23:42
    [関連記事

    ああなるほど、続編はない(笑)
    本当に転けてるんですね。
    日本でも紹介は小規模だったし。

    もし、もうちょっと前に作られていて、
    しかも原作はクーパーものじゃなくて
    このレベルのファンタジー映画だったら、
    それなりに評価されていたかもしれません。
    (「今の私」の評価は「物足りない」ですけど)
    今がファンタジーブームだからといって、
    何でもOKではないのですね。

    でも、どうしてホビット庄のTSUTAYAでは
    ナショナルトレジャー2やジャンパーと並んで
    このDVDが壁面一杯にあるのかなあ・・・謎です。

    > 続編とするならウィルを出さなきゃいけないし、

    なるほど、そうですね。
    その場合は、全く別の話としてオムニバス風に並べて
    後から徐々に繋ぐ、という強引な方法しか使えないなあ・・・
    まあ、無理して制作しなくていいんですけどね。


    [No.365] 「クラッシュ・ブレイズ」新作読了報告 投稿者:長窪(ピピン)  投稿日:2008/08/28(Thu) 23:10
    [関連記事

    マルグリートの輪舞曲 ( クラッシュ・ブレイズ)
    茅田 砂胡 著 中央公論新社

    今回は一つの事件を多視点から読ませる新しい試み。
    表紙がますますド派手になってきています。
    本屋で並んでいると結構アクが強いです。
    (まあ、キャラがキャラなのでアクが強いのも当然ですが)

    今回読んでみて気づいたのは、
    このシリーズ、誘拐ネタが多いですね。

    「男前」を利用した話は、少々発想が貧困ではないでしょうか。
    もっと深みが欲しくて不満が残りました。


    [No.364] 「ゆめつげ」読了報告 投稿者:長窪(ピピン)  投稿日:2008/08/27(Wed) 22:19
    [関連記事

    「ゆめつげ」畠中恵著 角川書店

    ずーっといろいろなモノが見えるっていうのは
    結構きつい体質だと思います。
    かなり心が強くて穏やかでないと耐えられませんね。

    だんだん夢の内容が過激になっていくあたりが
    恐いです。
    この作者の作品では、このパターンが一番恐い。

    弟も優しいし、この作者の作品の人たちは
    みんな親切ですよね。
    なんだか元気が出ました。


    [No.363] Re: 再びネット復活です 投稿者:長窪(ピピン)  投稿日:2008/08/27(Wed) 22:17
    [関連記事

    ありがとうございます。

    身体はぼちぼちですが、
    なんだかんだと故障続きです。

    アセラスは少々乾燥しておりましたが、
    そこそこ効き目はあったようです。

    でも、やはり「癒しの手」が是非とも欲しいですね。


    [No.362] Re: 「ザ・シーカー〜光の六つのしるし〜」 投稿者:森島紫晶  投稿日:2008/08/27(Wed) 10:32
    [関連記事

    おお!ご覧になれましたか?
    > 予想されたとおり、とにかく原作とは別物です。
    > 二つの塔より別物ですな。
    >
    でしょ?もう、まったくの別物だったでしょ?
    内容的には私も同感です。

    > なかなか降らない雪がようやく降ってきても
    > じわじわと閉じこめられる重圧はありませんでした。

    そうなんですよね。
    誕生日の前夜にウィルが味わった恐怖も、映画では全然恐く感じられなかったし。

    > 全体的にファンタジーというよりホラーな感じです。

    なのですが、原作での「闇が攻め寄せてくる」恐怖。
    ホラー調はそれはそれでいいので、そこをもっとちゃんと描いて欲しかったと思っています。

    > どっちにしても99分では短すぎます。
    > 時間がもっとあって、
    > 英国の田舎の村の美しい景色や行事、
    > 多くの伏線がしっかり入れることができれば、
    > もう少し楽しめたのかもしれませんね。

    そうですね。
    それは多くの原作ファンが嘆いているところですしね。
    原作の胸打つ、美しい描写が映像化されていれば、この映画の評判もまた違ったものになっていたかもしれませんね。
    また当初の予定どおり、「旅人」を登場させていれば、まだ納得のいく作品に仕上がっていたかもしれませんね。

    > さて、続編ですが、
    > うーん、「コーンウォールの聖杯」のほうが
    > まだ作りやすいのではないかな。
    > 私がそれを見るかどうかはまた別の問題ですが。

    続編はないでしょう(笑)
    興行的にもコケてますし、第一クーパー女史がもう映画化を許可することはないと思いますしね。
    ましてや多くの原作ファンが「映画はなかったことに……」を合い言葉にしていますしねぇ。
    もし作るとしたら「コーンウォールの聖杯」しか作れないでしょうが、続編とするならウィルを出さなきゃいけないし、「聖杯=光の力の品々の一つ」の設定は使えないわけですから、聖杯を骨董的な貴重品にでもした、インディ・ジョーンズばりのアドベンチャー映画にでもするのなら、もういいですって感じですね(笑)


    | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 |


    - Web Forum -   Modified by isso