総アクセス数 躍る小馬亭別館@袋小路屋敷の庭
躍る小馬亭別館@袋小路屋敷の庭
[もどる] [新規投稿] [新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]
  • 以下は新規投稿順のリスト(投稿記事)表示です。
  • 48時間以内の記事は new! で表示されます。
  • 投稿者のメールアドレスが収集ロボットやウイルスに拾われないよう工夫して表示しています。
  • 指輪物語を愛する人たちの部屋です。「指輪」やファンタジーの話をしましょう。
  • 暗証キーは投稿者が自分の発言を修正削除するためのもの必ず記入してください。
  • 無関係な内容の書き込みや他のHPへの許可なき勧誘などの書き込みはご遠慮願います。

  • [No.361] ★★ 管理人より連絡 ★★ 投稿者:長窪(ピピン)  投稿日:2008/08/26(Tue) 23:44
    [関連記事

    こちらの掲示板にはオーク対策が施されており、
    せっかく書いて頂いた記事が、何かの問題で
    トラップに引っかかって上手く投稿できない場合があります。

    そんな時はご一報ください。
    管理室で投稿された記事を確認できれば、
    記事を表示することができます。


    [No.360] 「レイチェルと魔導師の誓い」読了 投稿者:長窪(ピピン)  投稿日:2008/08/26(Tue) 23:35
    [関連記事

    レイチェルと魔導師の誓い  クリフ・マクニッシュ/理論社

    ずいぶん成長した弟エリックが大活躍でした。
    それに対して魔女もグリダもはっきりいって間抜けです。
    設定が大がかりで大胆な割には
    情景描写の書き込みが少なく
    対決場面や戦闘が何となくこぢんまりしていて、
    ちょっと物足りない感がありました。
    結末は大団円でそれは良かったと思います。

    テーマは「愛・和解」かな。


    [No.358] 「ザ・シーカー〜光の六つのしるし〜」 投稿者:長窪(ピピン)  投稿日:2008/08/26(Tue) 23:15
    [関連記事

    皆様のご助言通り、DVDで見ました。
    不思議なモノを見ました。
    予想されたとおり、とにかく原作とは別物です。
    二つの塔より別物ですな。

    頑固で口うるさい村のおじいちゃんたちに
    「はよ、しるし、探せぇ〜」とせっつかれて
    「わかってるよぉ!」といらいら探すウィル。
    ケータイやipod、PCを操作しながら
    魔女にあしらわれてキレるアメリカ人のウィル。
    なかなか降らない雪がようやく降ってきても
    じわじわと閉じこめられる重圧はありませんでした。
    (私はこの雪が大好きなんですが)

    原作と合っているのは
    「主人公ウィルが古老たちに見守られながら
    光のしるしを6つ探して闇の手先と闘う話」
    という大枠だけです(笑い)

    以下、原作とは無関係に観賞した感想です。

    展開やカメラワーク、色彩などが少し変わっていて
    全体的にファンタジーというよりホラーな感じです。
    それはそれで斬新でした。
    それから行方不明だったお兄さんが
    なかなかイケメンでびっくりでした。
    主人公の彼は、結構我が強く愛想もなく
    でもひねくれてもいなくて、いい雰囲気でした。

    話の運びは、前半はかなりゆっくり、
    後半たたみかけるつもりなのか一気に早くなりますが、
    その分、ご都合主義の感が強くなり、
    全編通じて今ひとつ乗り切れませんでした。

    どっちにしても99分では短すぎます。
    時間がもっとあって、
    英国の田舎の村の美しい景色や行事、
    多くの伏線がしっかり入れることができれば、
    もう少し楽しめたのかもしれませんね。

    さて、続編ですが、
    うーん、「コーンウォールの聖杯」のほうが
    まだ作りやすいのではないかな。
    私がそれを見るかどうかはまた別の問題ですが。


    [No.357] Re: 日用エルフ語講座 投稿者:長窪(ピピン)  投稿日:2008/08/25(Mon) 22:24
    [関連記事

    日用エルフ語講座

    違和感たっぷりのこのタイトルは素敵ですね。
    エルフ語が「今は使われていない言語」であると同時に、
    「今もなお命を持った言語」だという気がします。
    使う人がいて、新造語ができて、何とも不思議です。

    こんな仕掛けを作ることが一人の人間にできるのだなあと
    今だに肌が粟立つほど感動します。

    私たち人間は「クエンディ(声を出して話す者)であるエルフ」と
    兄弟なのだなあとしみじみ思うのでした。

    おお!ついに言っちゃいましたね。
    わははは・・・

    でも、それも、「ファンタジーへの愛」のひとつだと思いますよ。
    (「原作へのひたむきな愛」とは別モノではありますが)

    もちろん人それぞれの評価軸・定義枠・愛着があるので、
    「う〜ん、それは違う」と思われる方もいることでしょう。
    でも、正直言うと、私も唐鳥えるさまに共感しております。
    私の好きな本のベスト3にぎりぎりナルニアが入らない理由も
    「サンタクロース」あたりにあると思うのです。

    だから、今回の「カスピアン」の映画を見て
    「原作とはあちらこちらとかなり違うし、
    人物設定もキャラもすっかり変わっているけれど、
    前回の『ライオンと魔女』よりなんだか楽しかった」
    という感想を抱いたのだと思います。
    「指輪」への愛の炎をメラメラと燃やしていた時とは
    大違いの自分にびっくりです。
    どうやら、私はナルニア映画に対して、
    原作とは別物の、元気の出る「楽しいナルニア」を
    期待しているらしいということがわかったのでした。

    さて「朝びらき丸」はどうなるのでしょうか?


    [No.356] Re: 日用エルフ語講座 投稿者:長窪(ピピン)  投稿日:2008/08/25(Mon) 22:23
    [関連記事

    ハリーポッター、
    本当に多くの登場人物がいなくなってしまいましたね。
    思い入れのあるキャラクターも多く、
    寂しく複雑な思いもあります。
    とはいえずいぶん広がっていたこの話を、
    「ダンブルドアの隠しゴマ的××」や
    「ト××××××ー的なスネイプ」などを使って、
    キレイにまとめたなあと言う感想を持ちました。
    これらの伏線は、あまり意外ではありませんでした。

    とはいえ、
    現代社会や権力への批判を織り交ぜた魔法世界を描き続けた点や、
    賛否両論の中で移り変わりの激しい現代において、
    10年もの間、多くの人々の関心を引きつけ続けたという点で、
    (映画などのメディアの後押しがあったとはいえ)
    この作品はやはりたいしたものだと思うのです。

    日経が入れていないのは、
    確かに質問時期や方法も影響しているかもしれませんね。
    さらに、「悪意」というよりも、選者たちにとって、
    名作児童書としての「分析・判断」が難しかったのではないか
    という気もします。とまどいというか、困惑というか・・・
    私にはこのハリポタは「清濁が未整理混在の作品」という印象が
    あるものですから。


    [No.355] Re: ようやく「魔性の子」読了 投稿者:長窪(ピピン)  投稿日:2008/08/25(Mon) 22:22
    [関連記事

    >このMERRY&PIPPINさまのコメントを頂いてから
    すぐに「丕緒の鳥」読みました。
    この掲示板でのレスが遅くなっておりました。

    さて、感想です。
    いやあ〜、十二国記は閉塞感があって切ないですね。
    逃れられない環境と運命の中で、
    何を考え、何を選び取って、何を行うか。
    厳しい話です。
    ある意味では我々もそういう世界に生きているといえるでしょうし、
    だからこそ、この国に生きる人たちに共感し、
    さらに次の話を待ってしまうのかもしれませんね。

    でも、これはこの世界の住人だから感じることであり、
    もしも、その世界の神の視点で見れば、
    全く違って感じることでしょう。
    まるで、ゲームのシムシティのように。
    箱庭で行われる育成シミュレーション。
    特にこの話は各国の区画がはっきりしていて、
    時々起きる天災と施政の失敗による人災が運命を動かす、
    決してこちらとつながらないはずの「閉じた世界の話」なのです。

    もちろん「陽子」もこちらから行った人物ですし、
    他に何人も海客や山客はいますが、
    まず滅多に戻って来ることはありません。
    そういう意味でもやはり内に閉じた世界なのです。
    だから、私は、その閉じた世界の人物が、
    こちらの秩序を脅かすという「魔性の子」の展開に驚いたのでした。

    ああ、小野先生、早く続きを書いてくださいよお!


    [No.353] Re: 再びネット復活です 投稿者:GANDALF  投稿日:2008/08/24(Sun) 20:01
    [関連記事

     その後どうですか?体調復活されましたか?
     賢者が、アセラスを保管していたことをお祈り申し上げます。^^


    [No.352] Re: 再びネット復活です 投稿者:mog  投稿日:2008/08/16(Sat) 21:52
    [関連記事

    ☆毎日、暑いといっても詮無きこととおもうけれど、つい出てしまう“あっつぅ〜”。
     ヤバイ、ヤバイと気をつけていたのに、首に汗疹が出来てしまいました。
     入院されていたのですね...。
     くれぐれもご養生の上、御自愛下さい。


    [No.351] 再びネット復活です 投稿者:長窪(ピピン)  投稿日:2008/08/10(Sun) 15:17
    [関連記事

    しばらく来られなくてすみませんでした。
    これからコメントをしていきたいと思っていますので、お待ちくださいね。

    実は隣県の赤レンガの塔で精密検査を受けるはめになりまして、
    (我がホビット庄周辺には十分な施設がないのです・・・苦笑)
    ネット端末のない4人部屋にしばらく収容されておりましたが、
    先週、とりあえず無事帰還しました。
    これで一応予定されていたメンテナンスは全て完了です。

    さあて、お楽しみはこれからだぁ!

    そうそう、この間読書三昧でしたので、
    その感想などもアップしていきたいと思います。


    [No.350] Re: 日用エルフ語講座 投稿者:mog  投稿日:2008/08/09(Sat) 18:11
    [関連記事

    ☆日経のランキングですが、ハリー・ポッターは間違いなく候補の中に入っていますね。ただ、ナルニア国物語、のようにハリー・ポッターシリーズとしてはあの時点では完結していなかったので、ランク外になったのではないか、という考えは私も同感です。
     親子で楽しむ長編小説、というのと子どもの本という選び方だとするとそれぞれ選ぶ基準に違いがでるので選者によってランク外になったというのは仕方がないかな、とも思います。

     それにしても、守人シリーズはじめ5作品、日本の作家のものが選ばれていたのはちょっと驚いた所です。
     ちなみに選者は金原瑞人・私市保彦・きどのりこ・蔵元和子・佐藤宗子・神宮輝夫・土屋智子・ひこ・田中・広瀬恒子・藤田のぼる・三富由佳子・宮川健郎・横山充男各氏。
     研究者や専門店店長など児童文学に詳しい13人に、『ハリー・ポッター』のような複数巻分の文章量がある長編小説の中から親子で楽しめる作品を選んでもらった。対象は小学校中学年から中学生までが読め、第2次世界大戦後に出版された作品に限定。まず10作品を自由に選んでもらい、2人以上が選んだ19作品について改めて順位を付けてもらって得点化した。

     と、いうことなので悪意、というのはないと思います...。
     ファンにはたとえ新聞のランキングであっても選ばれてないのはショックではありますね。


    | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 |


    - Web Forum -   Modified by isso