総アクセス数 躍る小馬亭別館@袋小路屋敷の庭
躍る小馬亭別館@袋小路屋敷の庭
[もどる] [新規投稿] [新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]
  • 以下は新規投稿順のリスト(投稿記事)表示です。
  • 48時間以内の記事は new! で表示されます。
  • 投稿者のメールアドレスが収集ロボットやウイルスに拾われないよう工夫して表示しています。
  • 指輪物語を愛する人たちの部屋です。「指輪」やファンタジーの話をしましょう。
  • 暗証キーは投稿者が自分の発言を修正削除するためのもの必ず記入してください。
  • 無関係な内容の書き込みや他のHPへの許可なき勧誘などの書き込みはご遠慮願います。

  • [No.317] レイチェルスレ感謝です 投稿者:長窪(ピピン)  投稿日:2008/05/24(Sat) 08:40
    [関連記事

    レイチェルスレッドへの参加並びにお見舞いありがとうございます。

    > 細部があまいような気もしましたが

    なるほど。あまい。そうですね。
    深刻な場面でも危機感はそれほど強くは感じませんし。

    でも2巻はあまくて良かったかもしれません。
    「魔女の口の中の怖い口」とか「虫」とかの描写が割にあっさりでしたから。

    >わりと好きで次々と読んでしまいました。

    そうなんですか。ふむふむ。グロテスク描写はともかく、
    話の展開そのものはファンタジーらしくておもしろいと私も思います。
    レイチェル3巻も近いうちに挑戦しますね。


    [No.316] 復活おめでとうございます 投稿者:ぎむ  投稿日:2008/05/23(Fri) 13:28
    [関連記事

    お久しぶりです。わたしもしばらくご無沙汰しておりました。

    「ヒストリアン」はわたしも読みました。
    なんとも雰囲気があっておもしろい作品でした。

    途中までは。

    途中からいや〜な予感が漂いはじめ、まさかまさか、と思っていたらやっぱりそうなってしまった・・というか。

    でも、ファンタジーと思えばそうなのか、という感じです。
    勝手に歴史を題材としたミステリー、「ダ・ヴィンチコード」のようなものだと思っていたので、受け取り方が間違っていたのかも。

    もう一回読んでみたらまたイメージが変わるかもしれません。
    新しい視点をいただき、ありがとうございました。


    [No.315] お久しぶりです 投稿者:GANDALF  投稿日:2008/05/23(Fri) 00:17
    [関連記事

     お久しぶりです。復活されて何よりです♪

     レイチェル私も読みました。細部があまいような気もしましたが、わりと好きで次々と読んでしまいました。


    [No.314] 引き続き〜「サイモンの災難」〜 投稿者:長窪(ピピン)  投稿日:2008/05/22(Thu) 07:54
    [関連記事

    ファンタジー本続き。

    「クラッシュ・ブレイズ『サイモンの災難』」茅田砂胡 中央公論新社

    なんかテキトー感の漂うタイトルだなあと思いながら手に取りました。
    (それはそれでクラッシュ・ブレイズらしいのですが)

    今回は思いがけない人が主役でした。
    それから一番楽しかったのは、リィの「食べられない」(ほぼ毎回登場)。
    ファロット組の平和ボケぶり、相変わらずコソコソして、ズレまくっている様子も
    しっかり楽しみました。

    しかし、レティシアの牙はすっかり抜けてしまっていますねえ・・


    [No.313] 続いて〜「レイチェルと魔法の匂い」〜 投稿者:長窪(ピピン)  投稿日:2008/05/21(Wed) 09:36
    [関連記事

    ファンタジー本が続きます。

    「レイチェルと魔法の匂い」クリフ・マクニッシュ 理論社

    レイチェルと魔法の〜シリーズの2作目です。
    実は1巻はずいぶん前に読んでいました。
    そのグロテスクさにちょっと閉口して、2巻に手が出せずにいました。

    今回思い切って読んでみたところ、
    グロテスクな魔女たちに関する詳しい説明が1巻で終わっていたせいか、
    あるいは、警戒している私が上手に読み飛ばしていたのかわかりませんが、
    思ったよりスムーズに進めることができました。

    またパワーアップしたレイチェルが落ち着いていて安心できました。
    弟のエリックも結構冷静でツボを心得た発言や心配りをしていて、
    かなり好感度がアップしました。
    さらに、今回はかわいい新メンバーとして赤ん坊イェミが出てきて
    全体がぐっと明るくなったように思います。
    魔女との戦いは、重要な決戦の割には意外とあっさり片が付いてしまいました。

    とはいえ、展開の最後が意外で、「ええー、そうなるの?」と
    まんまと驚かされたのがちょっと悔しいです。


    [No.312] 「ホビットの冒険」映画化 投稿者:長窪(ピピン)  投稿日:2008/05/21(Wed) 09:34
    [関連記事

    うさぎ足さま、こんにちは。
    素敵な中世食事ジョッキが眼に飛び込んできました。
    まずはキノコを見にいきました。
    『その家に伝わる「よくマッシュルームの生える秘密の場所」』
    茸畑だあ〜、と喜んでしまいました。

    さて、しばらくネットから引っ込んでいる間に、いろいろあったんですね。

    しかも、

    「ホビットの冒険」2部作の全米公開は2011年、2012年らしい
    イアン・マッケランが「ホビットの冒険」2部作へ出演続投

    こんな事になっているとは。

    それにしても。ずっと気になる「ホビットの冒険」2部作・・・?

    関連情報をお知らせください。


    [No.311] Re: お知らせついでに・・・ 投稿者:長窪(ピピン)  投稿日:2008/05/21(Wed) 09:28
    [関連記事

    えるさん、うさぎ足さん、イルフさん、激遅レス失礼します。

    守り人情報ありがとうございました。
    何度見てもイイですねえ。丁寧な作品で味わい深いです。

    > バルサさんの子ども時代を描いた短編集、4月に発行ですよ
    ええ!?そうなんですか。早速チェックせねば。

    守り人の続きはアニメ化しないのかなあ・・

    イルフさん、お馬さん情報ありがとうございます。
    時々ネットで様子を見に行くこともあるんですが、
    こうして一斉に並べると、壮観で、感慨深いモノがあります。
    うーん、みんながんばっていますねえ。しかも惜しい!
    嬉しいのはレゴラスの1番人気です。
    これからが一層楽しみになりました。


    [No.310] Re: 羽海野チカさんも幽鬼の仲間? 投稿者:長窪(ピピン)  投稿日:2008/05/21(Wed) 09:17
    [関連記事

    激遅レスすみません。えるさん、紫晶さん、wataさん!!

    唐鳥えるさん、指輪妄想記事報告、ありがとうございました。
    また、お嬢さんのご就職、おめでとうございます!!

    ようやく件のブログにたどり着きました。
    羽海野チカさんらしさたっぷりの指輪妄想で大笑いしました。

    wataさんのおっしゃるように羽海野チカさんがサムで
    「私があなたを担いで」ってところがおかしいですね。
    ・・控えめなんだか違うのかよく分からん・・(笑)

    これを読んで、羽海野チカさんの絵でなら、
    指輪のシーンを描いて欲しいなあと思いました。
    ハチクロメンバーで指輪をやっているところ・・・


    [No.307] 久しぶりです〜「ヒストリアン」〜 投稿者:長窪(ピピン)  投稿日:2008/05/20(Tue) 16:59
    [関連記事

    自分の掲示板に「おひさ」挨拶は変ですが、
    このところ、体調不良が続き、しばらくご無沙汰いたしておりました。
    そろそろ、ゆるゆると、復活したいと思います。

    まずは最近読んだファンタジー本のコメントから。

    「ヒストリアン」エリザベス・コストヴァ 著 NHK出版

    出版当初から興味がありました。
    すぐに入手したものの、ファンタジー(?)としては異色な雰囲気、
    こういうドラキュラ+歴史モノは初めてということもあり、
    なかなか読み始めることができないまま、一年以上が経過していました。
    今回の体調不良により、電車に乗ったり、時間を待ったりする機会が多く、
    ついに手を付け始め、ようやく読了に至りました。

    とても雰囲気のある作品でした。
    何人もの多数の書簡を読み合わせて、
    現在と過去(約15年前)とさらなる過去(約30年前)の時代を辿り、
    繋いでいく「ヒストリアン(歴史家)」としての作業は、非常にわくわくしました。
    美しい写本とかが出てきたりして、何となく「薔薇の名前」なんかを思い出しました。

    またイギリスのオックスフォードを初めとして、オランダ・イタリア・
    チェコ・ルーマニア・トルコ(イスタンブール)・ハンガリーといった
    ヨーロッパの国々の多くの都を次々と移動して、
    寺院や図書館を探していくといった旅も大変興味深いものでした。
    それぞれの街の描写も楽しめました。
    また、ドラゴンが重要な鍵となる設定も実に良かったと思います。
    さらに、イラストとして描かれていない地図という存在も
    想像力を刺激して実に魅力的でした。

    その一方で、どんどん広がっていく話を読みながら
    「どう収束させるのだろうか」と考えていました。
    結局私にとっては物足りなさを感じさせる最終場面だったと思います。
    しかし、これは好みの問題かもしれませんね。(汗)

    それにしても、
    結構複雑な構造で、しかもやや難解な単語が含まれていたりして、
    それはそれで好きなんですが、なかなか読むスピードを上げられない本でしたよ。

    これからしばらく毎日一つずつ書いていこうと思っています。
    コメント頂ければ幸いです。


    [No.306] Re: 羽海野チカさんも幽鬼の仲間? 投稿者:wata  投稿日:2008/04/10(Thu) 23:58
    [関連記事

    唐鳥える さん、お嬢さんのご就職、おめでとうございます〜。
    イラスト集とは、控えめなおねだりですね (^^)。

    私は羽海野さんが同人誌活動をしていた頃にファンになったので、あんな日記を読むと、羽海野さんの描いたLOTR映画のパロディが読みたい〜と思ってしまいます(笑)。


    | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 |


    - Web Forum -   Modified by isso