総アクセス数 躍る小馬亭別館@袋小路屋敷の庭
躍る小馬亭別館@袋小路屋敷の庭
[もどる] [新規投稿] [新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]
  • 以下は新規投稿順のリスト(投稿記事)表示です。
  • 48時間以内の記事は new! で表示されます。
  • 投稿者のメールアドレスが収集ロボットやウイルスに拾われないよう工夫して表示しています。
  • 指輪物語を愛する人たちの部屋です。「指輪」やファンタジーの話をしましょう。
  • 暗証キーは投稿者が自分の発言を修正削除するためのもの必ず記入してください。
  • 無関係な内容の書き込みや他のHPへの許可なき勧誘などの書き込みはご遠慮願います。

  • [No.265] Re: お久しぶりです 投稿者:長窪(ピピン)  投稿日:2007/10/28(Sun) 22:55
    [関連記事

    うさぎ足さま、お帰りなさい!!

    いろんな作品が映画になっていきますね。
    いやはや、嬉しいやら、驚くやら・・・。
    映像は、現代的な雰囲気で始まり、
    どんどんファンタジー色が濃っていますね。

    さて、日本公開にむけて、いろいろな評判が出てくるとは思いますが、
    どんな作品になっているのか楽しみという普通にわき上がる期待と
    「それ以上」の一連の指輪映画化で鍛えた

        平常心

    を準備しておく必要があるだろうと思います。

    ちなみに「魍魎の匣」の映画の公式ホームページで
    ww.mouryou.jp(最初のwを取っています)
    原作者である京極夏彦が、
    「原作の「魍魎の匣」とはまったく違う、新しい「魍魎の匣」です。」
    また「巷説百物語」のアニメ化に対して彼が、
    そのホームページで
    ttp://www.tms-e.com/on_air/kousetsu/interview.html(最初のhを取っています)
    「小説は読んだ人がイメージを持つもので、・・・百人いたら百通りの感じ方があり、同じイメージをもつ人は一人としていないからです。小説が先行して世の中に出ていますから、読者の中にはこの作品をご覧になって、色々な感じ方をされるでしょう。・・・旧来の小説ファンを唸らせ、原作を全く読んだことのない人にも面白いと言わせることがアニメ作りの醍醐味であり、またそういう作品を作って欲しいと思っています。」
    と言っている言葉が印象的です。


    [No.264] お久しぶりです 投稿者:うさぎ足  投稿日:2007/10/22(Mon) 10:45
    [関連記事

     ピピン様 皆様 おはようございます
     本当に久しぶりの書き込みです。
     長く家を空けておりまして、旅から帰ったフロド&サムのようなもので、何が何やら勝手もわからず、やっと我がスミアルの居心地を確かめ、ベッドで高鼾が出来たところです。
     それで、このお庭を少し覗かせて頂きまして、本当に久しぶりにゆったりとテレビを観ていて、あれっと思い、書き込んだ次第です。「光の六つのしるし」のほんの短い映像を観て、とても感激したのでした。
     http://microsites2.foxinternational.com/jp/hikari6/
     えっ、これも映画にするのという感じだったのです。


    [No.261] Re: 久しぶりに本格派!! 投稿者:長窪(ピピン)  投稿日:2007/10/09(Tue) 22:54
    [関連記事

    kaliさま、いらっしゃいませ。
    どうぞ、どうぞ、中へお入りくださいませ。
    このところ寒暖の差が激しくなってきましたね。
    どうぞ、お好みのお酒をご注文ください。
    おお、きのこのキッシュですか!!
    感激です!!大好物です!!ありがとうございます。

    この「ストラヴァガンザ」というシリーズは、
    巻が進むにつれて本当にぐいぐい引き込まれる話ですよね。
    実は私もkaliさまと同じように、
    1巻ではそれほど「凄い!!」とは思いませんでした。
    面白いけれどちょっと物足りなさを感じていたのです。
    特にタリアの世界の活躍がこちらの世界の解決にはつながらず、
    どこか消化不良な部分を残したままだったからかもしれません。

    でも、まさか、その消化不良が2巻3巻の重要なモチーフとなり、
    作品に深みをもたらすことになるとは・・・全く予想外でした。

    kaliさまのブログを拝見して、改めて、
    こうして、同じ驚きを共有できたことにとても喜んでいます。

    kaliさまがおっしゃるように、
    この作品は少年たちの選択の物語なんですね。
    その選択の重さや苦さが少年たちの等身大で表現されているので、
    彼らの悩みや焦り、後悔や切なさがストレートに伝わってきました。
    単なるどこかの世界の冒険だけで終わらずに、
    こちらの世界の彼らの生活に深く入り込み、
    「どこで、どう生きるか」を迫る問題になっていて、
    気になって気になって目が離せなくなってしまいました。
    (もちろん、「最初からどこかの世界」というのは大好きなんですが)

    しかし、その「選択の重さ」は、
    中世イタリアを思わせる美しい描写と、
    少年たちの生き生きした会話や軽やかな行動力で中和されて、
    上手くバランスをとっているなあと感心したのでした。

    タリアから私たちの元に届けられた護符はこの本かもしれません。
    そして、「ストラヴァガンザ」が結んでくれたご縁です。
    今後とも御別懇に!


    [No.260] Re: 久しぶりに本格派!! 投稿者:kali  投稿日:2007/10/07(Sun) 23:02
    [関連記事URL:http://blog.goo.ne.jp/kalimac

    長窪〈ピピン)さま
    kaliと申します。
    こちらに書き込みさせていただくのは初めてですが、
    以前より拝見させていただいておりました。
    ストラヴァガンザのお話に、飛び出してきた次第です。
    ご挨拶代わりに、きのこのキッシュをお持ちいたしました。
    どうぞご賞味くださいませ♪


    さて、「ストラヴァガンザ」私もとても面白かったです。
    1巻目を読んだ時には、面白いことは面白かったですし、味わい深い、上質のファンタジー!と思ったのですが、
    同時に少しばかり肩透かしを食ったような気分になりました。
    しかし、2巻目で、その裏にある重い選択に気付き、
    それより3巻目が待ち遠しくて仕方ありませんでした。
    (その辺りの感想を以前ブログにアップしました。
    http://blog.goo.ne.jp/kalimac/s/%A5%B9%A5%C8%A5%E9%A5%F4%A5%A1%A5%AC%A5%F3%A5%B6

    3巻目を読んで後に思ったのは、この物語は、3巻読んでこその物語ですね。
    政治的画策、それと並列してストラヴァガントすることの重い選択、魅力的な舞台装置と、
    色々なものが総括され、かつ広がりを持って行くところが心に残りました。

    とても面白い物語でした。
    この方の、他の作品も読んでみたいと思いました。


    [No.259] 久しぶりに本格派!! 投稿者:長窪(ピピン)  投稿日:2007/09/29(Sat) 13:47
    [関連記事

    メアリ・ホフマンの「ストラヴァガンザ」シリーズをようやく読了しました。

    数年前に「仮面の都」を読んだときにも、十分に面白かったのですが、
    話がまだ単線で、上質のファンタジーだなあと思うぐらいでした。
    表紙もエグいほど濃くて不気味だし。
    (どうやら私にとっては、本の表紙ってとても重要みたいなんです)

    でも、今回「星の都」「花の都」を連続して読みはじめたところ、
    ぐいぐいと引き込まれました。
    第1話に第2話の話が絡み合い、
    さらにその上に第3話が深く入り組んで
    大変読み応えのある作品になっていました。
    第2話と第3話の表紙は濃くはあるけれど、とてもきれいでしたし。

    とにかく舞台が美しい。
    イタリアそっくりな16世紀のタリアという国、
    ベネチアに似たベレッツァ、シエナに当たるレモーラ、
    フィレンツェみたいなジリア。
    本当にこれでもか!というほど都の風物が書き込まれています。

    また、メディチ家を思わせるキミチー家の権力と陰謀。
    物語の中の風景や事件が、知っているわずかな知識と重なり合って
    ますます濃厚な味を引き出していて、
    中世好きの私はすっかり魅了されてしまいました。

    そして、各巻から登場する若者たち。
    こちらの世界で各自がいろいろな苦しい事情を抱えつつ、
    ストラヴァガント(時空を超える旅)をして巻き込まれたタリアの出来事に
    必死で関わろうとする若きストラヴァガンテたちがけなげです。
    中でも2巻、3巻と登場するたびにどんどん情熱的になっていく
    1巻の主人公ルチアーノの魅力にはすっかり参りました。

    この本の文章上の特徴は、時系列に沿って状況を短く区切って、
    あちこちで同時に発生しているものをすべて並べて書いていること。
    だから、今何がどこで起きているかはよくわかる。
    その一方でなかなか話が先へ進めずまどろっこしい。
    平易な表現で読むのは楽なはずなのに、
    ずいぶん時間がかかったような気がします。

    まるで毎晩ストラヴァガントする本の中の若者たちのように、
    この本を読むために毎晩ついつい夜更かししてしまい、
    体調を崩す一歩手前で、ようやく私の旅も終わりました。
    本当に面白かったです。


    [No.258] Re: シャナラの剣 投稿者:長窪(ピピン)  投稿日:2007/09/12(Wed) 22:33
    [関連記事

    おおぅ、なるほど。
    パロディというのは、作者の確信犯的な意図が必要ですよね。
    この場合は多分違うような気がしますので、
    ここはおっしゃるとおり、「オマージュ」「インスパイア」でないと
    適切ではありませんでした。

    もちろん、この作品が書かれた時代を思えば、
    「指輪」の影響力がいかに強かったかという証拠かもしれませんね。

    > 案外純粋な指輪ファンからは、「PJよりもマシ」と言われたりして(爆)

    ふむふむ。それって面白いですねえ。
    確かに同じ素材を使って作り替えている点では似てます(爆)

    ですが、カネとヒトを中途半端に使った映像では、
    PJのオタク的こだわりにはなかなか勝てないような気がします。
    お手並み拝見という意味でも楽しみですなあ・・・


    [No.257] シャナラの剣 投稿者:森島紫晶  投稿日:2007/09/11(Tue) 23:21
    [関連記事

    > ようやく「シャナラの剣」読みました。
    > 読みながら、「パロディ?」と突っ込み続けました。

    長窪様、そんなあからさまに言ってあげちゃ可哀想ですだよ。
    ちゃんと、オマージュとかインスパイアって言葉でオブラートに包んであげないと(笑)

    けど、あれだけLOTRがヒットした今、この作品自体が映画化される日はくるんでしょか?
    案外純粋な指輪ファンからは、「PJよりもマシ」と言われたりして(爆)


    [No.256] ベオウルフとシャナラの剣 投稿者:長窪(ピピン)  投稿日:2007/09/10(Mon) 23:37
    [関連記事

    ベオウルフのオフィシャルサイト、拝見しました。

    > しかし、私が偶然見かけたこの映画に関する話題が「アンジェリーナがヌードに!「ベオウルフ」R指定予告編がでた!!」。そういう関心なのね・・・日本では。

    えええ?そうなんですか?というかそういう話なのか?もの凄い疑問がわきます。

    DVD検索できました。なるほど、ちゃんとしたストーリーのようです。
    これなら見たいですね。

    ようやく「シャナラの剣」読みました。

    ・・・・・っていうか、これって、指輪物語のネタをそのまま並び替えただけですなあ。
    読みながら、「パロディ?」と突っ込み続けました。
    途中で何か変わるかなあと思いましたが、最後まで指輪でした(爆)

    これを指輪の映画の後に映画化する意味ってあるのか?
    と思いながら読んでいましたが、
    映画化されるのは、この続き、第2話なんですね。
    そういうことならひょっとして理解できるかもしれない。
    ああ、また第2話を借りないと。

    でも、ストラヴァガンザの2巻と3巻をようやく図書館でゲットしたところなので、
    グウィンにもまだ手が届かない〜(泣)


    [No.255] うれしいですねえ。 投稿者:長窪(ピピン)  投稿日:2007/09/10(Mon) 23:27
    [関連記事

    イルフさま、ありがとうございます。
    レス、遅くなってごめんなさい。
    ネット環境がうまくいかなくてこんなになってしまいました。

    アロド号・・・どんな騎手が乗るのでしょうか?
    ちょっと想像して喜んでしまいました。

    エルベレス号・・・ずいぶんりっぱな名前ですなあ。
    おそれおおい気分になります。格調高い声援を送りたいですねえ。

    > 不思議とうまくペアができております。
    > レゴラスとアロド、エレスサールとハスフェル。

    わははは、本当に。偶然かなあ?

    ぜひぜひ、続報お聞かせください。お待ちしています。


    [No.254] Re: ハスフェル優勝 投稿者:イルフ  投稿日:2007/09/02(Sun) 03:33
    [関連記事

    追記・・・でございます。

    現在中央競馬に在籍中の指輪関連馬は他にも2頭。

    アロド号・・・3歳牡馬 3戦1勝
    エルベレス号・・・3歳牝馬 5戦0勝

    まだこれからの馬なので詳細は今後ご報告いたします。

    不思議とうまくペアができております。
    レゴラスとアロド、エレスサールとハスフェル。

    由左さま曰、“人(王様)より馬のほうが出世した”(ハスフェルがエレスサールより先に勝ち上がった)・・・ということは、レゴラスよりアロドのほうが先にTV中継かもしれません。

    おお、エルベレス!ギルソニエル!


    | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 |


    - Web Forum -   Modified by isso