総アクセス数 躍る小馬亭別館@袋小路屋敷の庭
躍る小馬亭別館@袋小路屋敷の庭
[もどる] [新規投稿] [新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]
  • 以下は新規投稿順のリスト(投稿記事)表示です。
  • 48時間以内の記事は new! で表示されます。
  • 投稿者のメールアドレスが収集ロボットやウイルスに拾われないよう工夫して表示しています。
  • 指輪物語を愛する人たちの部屋です。「指輪」やファンタジーの話をしましょう。
  • 暗証キーは投稿者が自分の発言を修正削除するためのもの必ず記入してください。
  • 無関係な内容の書き込みや他のHPへの許可なき勧誘などの書き込みはご遠慮願います。

  • [No.174] 春到来につき 投稿者:長窪(ピピン)  投稿日:2007/03/03(Sat) 16:21
    [関連記事

    ここのところ、PCに向かうチャンスがなく、
    ネット活動が停滞しておりましたが、
    ようやく動けそうな感じなってきました。

    また、いろいろと書き込んで行こうと思います。
    どうぞ、これから、ちょくちょくお立ち寄りくださいね。


    [No.173] 2巻目らしい印象 投稿者:長窪(ピピン)  投稿日:2007/03/03(Sat) 16:16
    [関連記事

    唐鳥えるさま、ありがとうございます。
    激遅レスで申し訳ありません。

    > アニメ放映日時が決まったようですよ。

    土曜日の午前8時!可能だけど、見れるかなあ・・・
    楽しいような、ちょっと怖いような・・・

    > 指輪で培われた脳内変換技術がまたも役立ちます)

    わははは、いろいろと応用が利きますねえ。
    心豊かな人生を与えてくれたのかもしれませんねえ(半ばヤケ)

    バルサの「天と地」2巻を読み終ました。
    成長したチャグムは頼もしい一人前の男性ですし、事態も確実に動いていきます。
    別に不満はないのですが、なんと言っても2巻目ですので、
    冒険の始まりのドキドキわくわく感や、
    問題解決の爽快感といったものを求めて、物足りなく感じてしまいます。
    3巻でスッキリするための「閉塞感」でしょうか。
    今から、最終巻をとても楽しみにしています。


    [No.172] 猫の日ですかぁ 投稿者:長窪(ピピン)  投稿日:2007/03/03(Sat) 16:03
    [関連記事

    mogさま、遅いレスで申し訳ありません。

    ついにご覧になったのですね。
    ここのところ、楽しい活動を休止していましたが、
    春の到来とともに、ようやく蠢きはじめましたよ。

    2/22・・・おお、そういえば、TTTでしたっけ。
    すっかり忘れておりました。

    おしゅさま、

    > この日わちふぃーるどの猫の島では猫会議・・・じゃなかったけ(ちょっとうろ覚え^^;) 夕陽の輝きを瞳にわけてもらうんだったけな、たしか。

    ああ、なんだかそんな話もあったような・・・
    いろんな事を忘れております。もう一度見直しておかねば。

    > ところでエルフ語で猫は何と?・・・これがまだ未解明なんですよね〜

    あらら、そうだったんですか?なんだか、意外です。


    [No.171] 誉めよ讃えよ、猫の日を〜! 投稿者:おしゅ  投稿日:2007/02/23(Fri) 02:38
    [関連記事

    おおお mogさん、ヒデヨシDVD出ましたか〜!見逃して悔しい思いをしておりましたぞ!
    にゃんにゃんにゃんの日に届くとは イキですねぇ〜。この日わちふぃーるどの猫の島では猫会議・・・じゃなかったけ(ちょっとうろ覚え^^;) 夕陽の輝きを瞳にわけてもらうんだったけな、たしか。

    >いつ会えるともしれぬエルフと万が一にも出会ったときの為に(そうか?)エルフ語を習っていようとは
    ははは、まったくそのとおり(笑) でも念じていれば、エルフにもヒデヨシにもいつか逢えるような気になってきます。そのうち アタゴオルでのように にゃんたちとも話が通じるようになるかも〜♪ 
    そうそう、来る25(日)には、WOWOWでLOTR三部作イッキ放映だそうじゃないですか。実家でしか見れないし、出勤だからアキラメですが これはTVの前から離れられないですねぇ。

    ところでエルフ語で猫は何と?・・・これがまだ未解明なんですよね〜


    [No.170] 今日は猫の日222 投稿者:mog  投稿日:2007/02/22(Thu) 23:50
    [関連記事

    ☆今日は2月22日、にゃんにゃんにゃんで猫の日なんだそうです。
     既に記憶が曖昧になってしまいましたが王の帰還だったか、二つの塔だったか...待ちわびたのもはるか昔になってしまった気が致します。
     ...それから幾年、いつ会えるともしれぬエルフと万が一にも出会ったときの為に(そうか?)エルフ語を習っていようとは、よもやよもやのことですなぁ...実に感慨深いものがございます。
     はじめ冗談の如き、3部作連続上映もCEどころかSEEまで実際に体験しちゃったし、毎年何らかの形で上映されているこの作品、人が確実に呼べると幽鬼たちの足元、バッチリしっかり興行サイドから見られているんですね...さすがモルドール、と言いたい。
     ホビット映画化もなんだか色々と揉めているようですし、作品上映まではこれからも紆余曲折ありそうです。
     で、お話は2月22日、にゃんにゃんにゃんの日に戻ります。
     昨年アニメではマイベストだったアタゴオルは猫の森のDVDが熱帯雨林から届けられました。予約していたけれど発売日をころりと忘れていてピピンから『届いてるよ』と渡されたものの『?』。こんな箱で届けられるようなものを頼んでいただろうか、とあけたら『チョッケーツ!!!』のヒデヨシがどぉーんと目に入りました。
     ...久しぶり『とことん生きるために生まれてきたのよぉ〜』を聞きました。
     当たるもなんとかで宝くじを買うのも全て世のため猫のため、1匹でも無残な死に様する生き物いなくなる様に、10枚ぽっきりずつではありますが望みたくして買っております。
     『とことん生きる』
     久々、2月22日、猫に日にヒデヨシ・パワーにふれました。
     やっぱり、サイコー・サイコーですぞ、長窪殿!!


    [No.169] バルサさ〜ん 投稿者:唐鳥える  投稿日:2007/01/25(Thu) 13:35
    [関連記事

    アニメ放映日時が決まったようですよ。
    http://www.moribito.com/
    視聴対象年齢を読み違えておられるような。
    毎週録画を設定するからいいんですけどね。
    予告編ムービーは全国有名書店でも配信中です。
    (キャラクターデザインはまずまずだったのですが、
    動きが今ひとつで、バルサさんの短槍さばきが悲しい・・・
    指輪で培われた脳内変換技術がまたも役立ちます)


    [No.168] 子どもの頃に触れたかった 投稿者:唐鳥える  投稿日:2007/01/25(Thu) 13:23
    [関連記事

    クリスマスシーズンに児童書コーナーで、
    ドラゴン関連本フェアをされているのでチェックしてまいりましたともさ。
    図書館もですが、なんと書店泣かせの書籍でありますことか。
    「破って下さい。持って帰って下さい。」と誘っているとしか思えません。

    子どもの頃こんな本が手元にあったら、
    うれしくなって類似品を自作してしまったでしょうね。
    夏休みの化学研究にんこんなの提出したら、しかられるでしょうね、やっぱり。


    [No.167] だから指輪への道は遠い 投稿者:森島紫晶  投稿日:2007/01/25(Thu) 00:45
    [関連記事

    > ...『あなた方は、わたくしにはそれほど優しくはなかったわ。』目に怒りの色を浮かべ、グローインが言いました。... (評論社・指輪物語/旅の仲間下巻P.82)
    >
    これで、「女言葉にとれるかぁ?」というのが正直な感想ですね。
    それこそ下で書き込みしたように
    「あなた方は、わたくしにはそれほど優しくはなかったわ?」
    とでもなっているか、もしくは
    「あなた方はわたくしにはそれほど優しくなかったじゃないの」とでもなっていれば、「うわっ!女言葉?」とも思えるのですが……。

    その元発言された方は、やはり前後の文章で、文意を読みとるということになれていない、もしくはそういう文章を読み慣れていない方ではないでしょうか?
    昨今の小説に多い、「!」や「?」などの記号で、じっくり読まなくても、または地の文を読まなくても、セリフだけ読めばキャラクターの心情、行動が大体理解できるような、そういう作品ばかり読んでいらっしゃれば、セリフだけで「女言葉だ!」と判断してしまうのではないだろうか?と思えるのです。


    以前、自分のblogで
    「最近の児童書ファンタジーの中には、翻訳された文章が、ライトノベル的な、なんとなくノリの軽いものに思えた作品がある。なので個人的には、そういう作品ばかりに親しんだ子が、果たして昔からある良質の児童書のファンタジーに親しむようになり、そこから「ナルニア」や「ゲド」そして「指輪」にたどり着けるのかなと、首を傾げてしまった……」
    と書いたことがあります。
    またナルニア映画公開中、瀬田訳を「有り得ない古風な表現」「時代劇だ」と表現されている方がいましたので、「じゃあ、原書だけ読んでいろ」と遠回しにコメントしたところ、「大げさに書いただけで、冗談です」と返されたこともありました。

    今の若い方は、瀬田訳に限らず、古くからの児童書等に用いられているような、丁寧な美しい日本語の文章になじめない、理解できない、しようとしないというのは、顕著だというのは言い過ぎでしょうか?

    > 今時の若いもんって、こんなにぶしつけなんだろうか???
    >  怒りよりもなんか哀しくなってしまいました。
    >  瀬田貞二さんの日本語は『死語の世界』の言葉になってしまったのだろうか、って。

    ぶしつけというより、壊れた、乱れた日本語を使っていても、平気な方が多いのかな?と思うことは度々ありますね。
    こちらが敬語を使っていると、「普段から敬語を使い慣れてるんですか?めずらしいですね」とでもいうように、言われたこともありましたしね。
    こちらが大人として、自分の子どもと変わらないような年齢なのだからと、広い心で接するしかないのかなぁと、思ったりもします。

    ※管理人の判断により、文章の一部を省略させて頂きました

    【追記】
    上記の長窪様のご指摘をうけて、最初の文章を書き換えましたことを付け加えておきます。
     


    [No.166] 終助詞『わ』について 投稿者:mog  投稿日:2007/01/25(Thu) 00:08
    [関連記事

    ...『あなた方は、わたくしにはそれほど優しくはなかったわ。』目に怒りの色を浮かべ、グローインが言いました。... (評論社・指輪物語/旅の仲間下巻P.82)

     新しく、トピックを立てました。
     

     エラゴンでドワーフの王が実にドワーフらしくって、すっごく嬉しかったもんですからつい、愚痴となって出てしまいました。
     ぎむりさんの書き込みにPCの前でがくんがくんしながら肯き、やっぱり長窪の旦那の所にいらっしゃる方たちの言葉にただただ、嬉しくなっております。

     今時の若いもんって、こんなにぶしつけなんだろうか???
     怒りよりもなんか哀しくなってしまいました。
     瀬田貞二さんの日本語は『死語の世界』の言葉になってしまったのだろうか、って。
     ホビット映画化PJ監督に諸手をあげて賛成できないのは、ギムリだけじゃなくてドワーフを道化の無作法な一族にしてしまったから。
     ああ、ロード・オブ・ザ・リング3部作が終わって随分経ちますがギムリ=ドワーフ=人前でゲップをしいきなり斧を振り回す無礼で無作法、というイメージを払拭しない限りこんな指摘は後を絶たないんじゃないかっと心配になってしまいました。

    ※管理人の判断で一部文章を省略させて頂きました。
     


    [No.165] Re: 記号の多用 投稿者:森島紫晶  投稿日:2007/01/24(Wed) 12:29
    [関連記事

    同じく「エラゴン」から離れますが、ちょっと気になりましたので……。

    > >  某所で『わたくしに対してそんなに優しくはなかったわ。』というグローインの科白は女言葉を使っているから瀬田さんの翻訳ミス、だと断じられました。
    >
    > 万が一そうならば、そしてそう思った人の母語が日本語ならば、『指輪物語』を読む人ですら日本語がそんなんならば、なんか空いた口がふさがらないというか、目の前が暗くなるというか、そんな気分に襲われてしまいました。

    ぎむ様のお嘆き、もっともだと思います。
    すみません、今ちょっと前後の文章を覚えておらず、きちんと確認もできないのでとんちんかんな事を言っているかもしれませんが……。

    『わたくしに対してそんなに優しくはなかったわ?』
    こうすれば、女性的ですよね?
    でも
    『わたくしに対してそんなに優しくはなかったわぁ!!』
    こうすれば、ぎむ様のおっしゃるような文意に取れるのではないでしょうか?

    瀬田さんの訳は「!」「?」は多用されていませんよね?
    昔、文芸部に所属していたころ、「『!』や『?』を多用していると、読者に細かな部分は伝わらなくなる。極力使わないか、まったく使わなくても読者に伝わるような文章を書かなくてはいけない」と瀬田さんの訳を見習うように指導されたことがありました。

    けれど、現在のライトノベル等を読み慣れている方には、「!」や「?」がついている文章が当たり前な方には、前後の文章から読み取るという事が、出来ない、もしくはしにくい事なのではないでしょうか?
    またそれが、瀬田訳を「読みづらい」と思われるモノにしているのではないでしょうか?

    瀬田さんの訳文と、その某所の意見を実際みておりませんので、的はずれな意見かもしれませんが、お二人の書き込みから、私は上記のようなことを思いついた次第です。

    ていうか、昔ながらの児童書では男の子が「〜かしら(?)」とか「〜ですもの」というような、「女の子?」とも思われるような言葉使いをしているのって、けっこうありましたよね?
    でもそういうのは、子どものころの私は「丁寧な口調だからだ」と受け取っていたものですが、今ではそういうふうに解釈することも出来ない人が多いのでしょうか?


    | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 |


    - Web Forum -   Modified by isso