総アクセス数 躍る小馬亭別館@袋小路屋敷の庭
躍る小馬亭別館@袋小路屋敷の庭
[もどる] [新規投稿] [新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]
  • 以下は新規投稿順のリスト(投稿記事)表示です。
  • 48時間以内の記事は new! で表示されます。
  • 投稿者のメールアドレスが収集ロボットやウイルスに拾われないよう工夫して表示しています。
  • 指輪物語を愛する人たちの部屋です。「指輪」やファンタジーの話をしましょう。
  • 暗証キーは投稿者が自分の発言を修正削除するためのもの必ず記入してください。
  • 無関係な内容の書き込みや他のHPへの許可なき勧誘などの書き込みはご遠慮願います。

  • [No.146] 「ドラゴン学」 投稿者:長窪(ピピン)  投稿日:2007/01/12(Fri) 22:30
    [関連記事

    奇妙な本を図書館で見つけて借りてかえりました。

    「ドラゴン学」

    2005年に発行されていますから、
    すでにご覧になった方もいらっしゃると思います。

    ずいぶん大きながっしりした絵本(?)で、
    写本のようなイメージの赤い表紙のデザインが印象的です。
    出てくるドラゴンはどれもいい顔をしていて、
    きれいな色をしています。
    随所に出てくるとぼけた記述もそれなりにいい味をだしています。
    あちこちに、小さなメモが張ってあったり、
    はめ込まれたドラゴンの脱皮した皮の標本の手触りを楽しめたり、
    とちょっとした仕掛け絵本の風情で、
    紅茶をのみながら、ゆっくり楽しめました。

    で、一通り読み終わって大変気になったのは、
    図書館の司書さんが表紙の隅に貼り付けた

    「書き込みや切り抜きをしないでください。」

    という手書きの張り紙でした。
    うーん、何か以前にあったのかな?
    それとも、この本の魔力に魅せられて
    ついふらふらとそんな事をしてしまうかもと思ったのかな?


    [No.145] Re: うわーん、ごめんなさい。 投稿者:うさぎ足  投稿日:2007/01/12(Fri) 18:26
    [関連記事

     ピピン様 仕方有りません。
     
     書いておきながら、私も映画館には行けなかったので、DVDを何とかして観ようと思っています。もう予約受付をしています。


    [No.144] おめでとうございます 投稿者:長窪(ピピン)  投稿日:2007/01/07(Sun) 22:13
    [関連記事

    うさぎしちゅうさま、 いらっしゃいませ。
    七草がゆはもう召し上がりましたか?
    よかったら小馬亭別館特製七草がゆをどうぞ。

    クレソン、にんじん、カイワレ、ほうれんそう、ジャガイモ、かぶ、マッシュルーム
    ・・・かな。

    今年も楽しい話題でいっぱいにしたいなあと思っています。
    また、お立ち寄りくださいね。

    > 今年もよろしくお願いします。お会いできる機会があるといいな♪

    ええ、きっとまた逢えますよ。
    こちらこそどうぞよろしくお願いします。


    [No.143] Re: 明けましておめでとうございます 投稿者:うさぎしちゅう  投稿日:2007/01/07(Sun) 15:21
    [関連記事

    あけましておめでとうございます。ってもう七草ですが・・・。
    今年もよろしくお願いします。お会いできる機会があるといいな♪

    久しぶりにこちらに来てみれば、私も気になってるエラゴンの話題が出てるし、何よりアロドのしっぽさんのランサム全集読破の報告に喜んでいます。
    今年もいろんな本の話題を楽しみにしています。


    [No.142] 教授を想う時間 投稿者:長窪(ピピン)  投稿日:2007/01/06(Sat) 22:08
    [関連記事

    アロドのしっぽさま、うさぎ足さま、おしゅさま、mogさま、
    いらっしゃいませ〜
    みなさんの楽しい乾杯の声が厨房までよく聞こえましたよ。

    時間も超えて、
    空間も超えて、
    敬愛と感謝を込めて、
    多くの人が、
    一人の存在を想う。

    すごいなあ、教授。

    今年もこの祝福に参加できたことに感謝!


    [No.141] クラッシュ・ブレイズ「ソフィアの正餐会」 投稿者:長窪(ピピン)  投稿日:2007/01/06(Sat) 21:56
    [関連記事

    本屋で見つけて読みました。
    11月に出ていたんですね。知らなかった。

    さて、感想ですが、
    うーん、ちょっと物足りない。
    「ヴェロニカの嵐」の時もそう思ったのですが、
    話のラインがシンプルで、盛り上がりが少ないのが残念。
    素敵な人たちがあんなに多くいるのですから、
    出来るだけたくさんの人が複雑に絡まる方が楽しいと思います。

    このシリーズの中では、
    「スペシャリストの誇り」と「オンタロスの剣」が
    好みです。

    >
    > このシリーズの中では一番気に入りました。
    > 王妃さんが王妃さんらしい・・気がして。
    > さらに、相変わらず笑える場面がたっぷりです。
    > 状況的に切迫していようがいまいが関係なく、
    > とんでも発言を連発する王妃さん。
    >
    > このシリーズ、ずっと続けて欲しいです。


    [No.140] 蒼龍を見た! 投稿者:長窪(ピピン)  投稿日:2007/01/06(Sat) 21:49
    [関連記事

    行ってきました。エラゴン。
    予想通りの仕上がりの作品だったので、
    ドキドキせずにゆったりと鑑賞しました。
    実は、鑑賞の一週間前に原作の第二部(エルデスト)を読了しております。
    そこで、最初に一言。
    他の映画作品や原作との比較は控えますのでご了承ください。

    では、映画について。
    展開が原作より速く、サクッサクッと進み、
    感情移入するにはちょっと短かったような気がしましたが、
    コンパクトにまとめてあり、上映時間も妥当でした。
    原作との違いがストーリーや人物のキャラにかなり
    見られましたが、その違いは、この「映画エラゴン」では
    「それが最適」と判断されたのでしょうから、
    その意図どおりに鑑賞することにしました。
    (わずかに気になるのは、今後の展開に不可欠のはずの
     ある一つの要素が入っていないことですが)

    全体として、トーンの凸凹や場面間の落差はなく、
    (つまり「あらら」とか「げっ」というような部分がなく)、
    スムーズな鑑賞ができました。
    この調子で第3部まで引っ張るのはちょっと弱い気もしますが、
    これは「序章」ですし、
    エラゴンとサフィラの一層の成長を待ちたいですね。


    以下は映画に関するささやかなネタばれがありますので、
    そのつもりでお読みください。





    とにかく、主人公エラゴンは甘いマスクでした。
    指南役のブロムは役者さんなんですね。
    渋い魅力で、表情が決まっていて、
    しかもびしっと引き締まったカッコイイおじさんでした。
    ドラゴンは空想上の華麗な生き物というよりは、
    青くて大きな動物だと思いました。、
    地上近くでは結構不器用なのが気になりました。
    最後に登場するマータグ、不思議な魅力のある目をしていて、
    笑顔がやけに迫力があるなあと思っていたら、
    「トロイ」のパトロクロスだったんですね。
    ブラピに守られてキョドっていた彼とは別人です。
    その歪んだ感情がいい感じに表現されていました。

    後半のヴァーデンに到着後は一層展開が速く、
    戦闘場面になって、動体視力の悪い私には
    誰が誰やら・・という場面もかなりありました。
    多分、重要な部分を見落としていると思います。
    残念。

    スターウォーズみたいにぎゅんぎゅん飛ぶのかと思ったら、
    予想より控えめでしたので、ドラゴン酔いはしませんでした。
    もう少し乗りたかったですね。
    第二部でぜひその希望を叶えて欲しいです。

    以上、シンプルな感想ですみません。

    最後に一言、本の第三部が早く読みたいです。


    [No.139] 教授に乾杯 投稿者:mog  投稿日:2007/01/06(Sat) 00:48
    [関連記事

    ☆大いに出遅れました!
     我が家のピピンがレポートを溜め込んだため、PCを占拠。
     メールしか確認できませんでした...
     遅ればせながら...
     “教授に乾杯、そして心からの感謝を!!”
     “へぃる・ぷろふぇっさー!”


    [No.138] ヘイル、教授!!(遅刻^^;) 投稿者:おしゅ  投稿日:2007/01/04(Thu) 01:57
    [関連記事

    おっと〜!遅れてしまいました。
    ワインを片手に「乾杯!The Professor!!」

    カレンダーのかけ替え途中で、2006年の教授描くスマウグと 2007年アラン・リーのガン爺&フロドが いま並んで壁にかかっています。むふ、いいながめ♪
    来年も そのまた次の年も、道は続くよどこまでも続く・・・


    [No.137] Re: 教授!! 投稿者:うさぎ足  投稿日:2007/01/04(Thu) 00:10
    [関連記事

    「The Professor!!」教授に感謝とお祝いを
     
     少し遅れましたが、イギリスではまだまだ三日ですので、お許し下さい。


    | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 |


    - Web Forum -   Modified by isso