総アクセス数 躍る小馬亭別館@袋小路屋敷の庭
躍る小馬亭別館@袋小路屋敷の庭
[もどる] [新規投稿] [新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]
  • 以下は新規投稿順のリスト(投稿記事)表示です。
  • 48時間以内の記事は new! で表示されます。
  • 投稿者のメールアドレスが収集ロボットやウイルスに拾われないよう工夫して表示しています。
  • 指輪物語を愛する人たちの部屋です。「指輪」やファンタジーの話をしましょう。
  • 暗証キーは投稿者が自分の発言を修正削除するためのもの必ず記入してください。
  • 無関係な内容の書き込みや他のHPへの許可なき勧誘などの書き込みはご遠慮願います。

  • [No.37] Re: ナルニアSEE 投稿者:mog  投稿日:2006/07/11(Tue) 12:59
    [関連記事

    ☆SEE、か...。たぶん、その、ナルニアもそういうような営業になるような気もして、まだDVDの予約をしていませんでした。
     LOTRでは、しっかりやられましたからね...。
     日本では今の所ないというのなら、やっぱり熱帯雨林に走るべきか、それともぜーんぶ揃ってからにするか...、考えどころです。
     指輪よりもナルニアのほうが付き合いは長いのですが、映像化には指輪ほどのショックも脳内混乱も起きなかったのが不思議なくらいです。少しは抗体ができたのかな?
     それにしても、LOTR・SEEのおまけ映像たっぷり、に慣れてしまうと普通のDVDが何もないように思えてしまうです。映画の映像だけなのに満足できない、う〜む、やっぱりLOTR後遺症かも。


    [No.36] アニメ「西の善き魔女」 投稿者:長窪(ピピン)  投稿日:2006/07/09(Sun) 22:13
    [関連記事

    「西の善き魔女」のアニメを一気に見ました。
    ずっと気になっていたのですが、我が家では見ることができなかったのでした。
    でも、録画テープを貸してくださる方がいらっしゃって、たっぷり見ました。

    いや、楽しいですねえ。こうして映像化されてみると、
    年若く見目麗しいお兄様たち(?)とゴージャスで派手な姿のお姉様ばかりで、
    おぢさんおばさんは本当に少ししかいない、とても平均年齢の若いお話だと実感しました。
    原作のどたばたとシリアスの混在感がしっかりありました。
    敢えて言えば、男性たちのオオボケぶりをもう少し強調して頂きたかったかなあ。
    それと、ルーンとフィリエルの「親密」な会話がとても恥ずかしくて
    冷静に見ちゃおれない聞いちゃおれない状況でした。
    原作では、こういう会話の直後に、突っ込みの役目を果たす地の文が挿入されていて、
    読者の笑いを誘うのですが、アニメではそれがないために、いや、照れること照れること。
    とはいえ、大いに笑いながら楽しみました。

    一通り見終わってから、もう一度原作を読み返してみると、
    ずいぶん端折ったり変更したりして、アニメ版ストーリーなんだなあと気づきました。
    もともとアニメ向きの話だったように思いますが、
    今回、こうして原作とアニメ、二度も楽しませていただき、参りました、荻原さま。

    このアニメをご覧になられた方、いかがでしたか?


    [No.35] ナルニアSEE 投稿者:長窪(ピピン)  投稿日:2006/07/07(Fri) 11:41
    [関連記事

    MERRY&PIPPINさま、詳しい情報、ありがとうございました。

    > 日本でのSEE発売は全くの未定、とのことでした。

    ということは、はやり、本当にでるのでしょうか?
    指輪と違って、一応きれいにまとまっていましたので
    何を追加するのだろう・・と思ってしまったのですが、
    メイキングや映像特典など、考えられる部分はありますね。
    これから、こういう風にして二種類を売る映画が増えるのでしょうか。うーん。

    > 当然のことながら、CE発売前に、SEE発売の情報なんて流さないですよね。

    そうですねえ。
    指輪ぐらいですよね、両方売ろうなんてガンガン宣伝するのは・・(苦笑)
    でも、情報ぐらいは流して欲しいです。

    > 次回作の公開まで2年空くから、こういう時間差攻撃が出来るんですよね

    なるほど。そういう利点があったのか、気が付きませんでした。


    [No.34] Re: ナルニアSEE 投稿者:MERRY&PIPPIN  投稿日:2006/07/07(Fri) 11:14
    [関連記事

    > 某巨大掲示板でみつけた情報ですので、ガセかもしれませんが、ナルニアのDVD、SEEバージョン発売が予定されているとかいないとか?

    森島紫晶さん、はじめまして。
    横レス失礼します。

    私もその記事を某ブログで読みました。
    アメリカでそういう話が流れているらしい、とのことだったけど、
    ちょうど前日に26日発売のDVDを予約したばかりだったので、ショックでした(涙)
    で、すぐにブエナ・ビスタ・ジャパンに電話して問い合わせてみたけど、
    日本でのSEE発売は全くの未定、とのことでした。
    当然のことながら、CE発売前に、SEE発売の情報なんて流さないですよね。

    日本では、来年の秋くらいにSEE発売になるのではないかと睨んでいます。
    私は「ロード・〜」ですらSEEしか購入していなくて、CEは持ってないので、
    「ナルニア」を両方揃えるかどうか、悩んでしまいます。
    次回作の公開まで2年空くから、こういう時間差攻撃が出来るんですよね
    ...商売上手です(苦笑)


    [No.33] シュナ戦記? 投稿者:長窪(ピピン)  投稿日:2006/07/07(Fri) 11:03
    [関連記事

    シュナの旅って駿氏の作品なんですよね。未読ですが・・・

    > 原作:ゲド戦記!原案:シュナの旅?

    わははは、おもしろいなあ、それって混ぜる物ですかい?
    新たな錬金術かもしれませんなあ・・(爆)

    気分はもう、どこからでもかかってきなさい、ですね(笑)


    [No.32] Re: ナルニアSEE 投稿者:長窪(ピピン)  投稿日:2006/07/07(Fri) 10:56
    [関連記事

    ほおお、あのナルニアに追加映像ですと?

    女王様が鞭をおふるいになる場面を増やすとか、
    女王様がシロクマ以外にお乗りになるとか、
    女王様がプリンをデザートにお加えなさるとか(笑)。

    うーん、財布の紐がゆるむにはまだかなり必要ですだ。

    もし、SEEがあるとしたら、どこが増えると思いますか?


    [No.31] ナルニアSEE 投稿者:森島紫晶  投稿日:2006/07/07(Fri) 09:20
    [関連記事

    某巨大掲示板でみつけた情報ですので、ガセかもしれませんが、ナルニアのDVD、SEEバージョン発売が予定されているとかいないとか?

    いかがですか?ナルニアのSEEって。
    正直指輪のように散財しようとは思えないので、買うべきか否か悩んでいます(笑)


    [No.30] シュナの旅 投稿者:森島紫晶  投稿日:2006/07/07(Fri) 09:16
    [関連記事

    >  ゲドの予告でとても気になっていた事があったのですが、チラシに“シュナの旅”を参考にしたとあった事から得心する事が出来ました。予告を見ていると昔昔の東映長編動画の作品群と父親、駿氏のこの作品を思い出さずにいられなかったのです。

    某巨大掲示板からの情報ですので、真実か否かはわかりませんが、試写会を見た方によるとラストのテロップに「原案、シュナの旅」と銘打ってあるそうです。
    原作:ゲド戦記!原案:シュナの旅?
    いったいどんな物語なんでしょうね?
    今からとてもワクワクしてきます_| ̄|○


    [No.29] 「ブレイブストーリー」読了 投稿者:長窪(ピピン)  投稿日:2006/07/03(Mon) 22:41
    [関連記事

    まず一言。宮部みゆきさんの作品はこれまで読んだことがないのですが、
    こういう柔らかな作風は私が勝手に抱いていた宮部さんのイメージとはちょっと違っていました。
    最初は、主人公の現実の激しさに比べて、
    幻界で次々と繰り広げられるイベントのお手軽さやお約束の対話、
    ご都合主義の展開が繰り広げられます。
    明らかにRPGを意識して、というよりも、わざとそんな風にして、
    まず軽さを強調しているのでしょう。
    (私はゲームのPRGは嫌いじゃないです。念のため)
     でもそれで終わったらふにゃふにゃだし、まさかそんなはずはないだろうと思っていたら、
    やはり、少しずつ試練が厳しくなってきて、幻界でもやっぱり簡単じゃないよ〜と
    ファンタジーの基本形に忠実な話になっていきました。
    さらに、ファンタジーならではの世界秩序を利用していろいろな問題提起を練り込んだり、
    精神世界で主人公たちの戦いがあったりして、むしろ後半のほうが楽に読むことが出来ました。
    でも、内容の割にちょっと長いかも。
    それから、説明っぽさやまだるっこさ、感情的な描写に対する気恥ずかしさが、
    たまに気になって、物語に完全には入り込めなかったのが残念です。
    ゲドや指輪などにはこれらを全然感じないのですが、
    日本のファンタジーの多く、たとえばオレンジ党やドーム郡からサジェは、
    この違和感が強かった印象があります。
    それらに比べるとブレイブストーリーはあまり感じないほうですし、
    勾玉三部作などはほとんど違和感ないので、「日本」で括るのは間違いかもしれません。
    そういえば、崖の国やセブンスタワー、ダレンシャンといった
    最近の翻訳ファンタジーのいくつかにも共通する感覚ですし。
    これって、翻訳調の堅い文章に慣れてしまった不自然な感覚なのでしょうか。
    結局、メッセージを込めてしっかり書かれたファンタジーだという印象で、
    宮部さんの言語の力を感じる箇所が随所にありました。
    でも、アニメ映像化しても、わかりやすくて楽しめそうな気がします。
    (さて、実際はどうかな?)


    [No.28] 想像力をかき立てる言葉 投稿者:長窪(ピピン)  投稿日:2006/06/19(Mon) 22:35
    [関連記事

    おっ!紫晶さまも「新聞の書評」で見かけられたのですね。
    実は私もです。
    新聞の広告や書評って結構気になりますよね。
    最近は特に意識して見ることにしています。
    すると、ファンタジー関係の広告って思った以上に多いんですよ。

    「めざめれば魔女」、話は複雑ではないのですが、雰囲気が独特なのです。
    どこかしら秘密めいていてしかも奇妙な感覚。
    なぜか「ポーの一族」なんかを思い浮かべます。
    (全然違うんですけどねえ・・)
    もし読まれたら感想をお聞かせください。

    「ブレイブ・ストーリー」
    紫晶さまも未読なんですね。
    読み始めたものの、まだ、少ししか進んでいません。
    映画までに間に合うのでしょうか・・?

    以前にも書いたことがあるような気がするのですが、
    「錬金術」はこの名前が持つ「歴史」のいかがわしさがありますが、
    それに加えて、一瞬めまいを起こす力を持つ言葉がありますよね。

    たとえば、「水族館」とか「遊園地」とか。

    こういうコンセプトって、aiwendilさまが勧めてくださった
    クラフト・エヴィング商會の「どこかにいってしまったものたち」などに
    少し通じる気がします。


    | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 |


    - Web Forum -   Modified by isso