総アクセス数 躍る小馬亭別館@袋小路屋敷の庭
躍る小馬亭別館@袋小路屋敷の庭
[もどる] [新規投稿] [新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]
  • 以下は新規投稿順のリスト(投稿記事)表示です。
  • 48時間以内の記事は new! で表示されます。
  • 投稿者のメールアドレスが収集ロボットやウイルスに拾われないよう工夫して表示しています。
  • 指輪物語を愛する人たちの部屋です。「指輪」やファンタジーの話をしましょう。
  • 暗証キーは投稿者が自分の発言を修正削除するためのもの必ず記入してください。
  • 無関係な内容の書き込みや他のHPへの許可なき勧誘などの書き込みはご遠慮願います。

  • [No.411] あり得ない日 投稿者:長窪(ピピン)  投稿日:2010/01/03(Sun) 18:47
    [関連記事

    昨年末の12月31日から1月1日にかけての満月でしかも日食でした。

    ホビット暦では存在しない日やあり得べからざる出来事が起こりそうな日を指して、
    カレンダー上存在しない「(サマーフィルスの)一日の金曜日」といいますが、
    日本でもそんな風に呼ばれた日があったことをつい先日知りました。

    太陰暦(旧暦)では各月の1日(朔日)から月が満ちはじめ、
    15日の十五夜で満月になり、30日(晦日)には新月となりますが、
    それをふまえて「あり得ない」ことを指す言い方として「大晦日の満月」と
    諺的に使われていたそうです。大晦日の「晦」は暗いという意味ですから、
    文字通りに読むと「一番暗い日の満月」となって確かにあり得ないことになりますが、
    太陽暦(新暦)ではそれが先日の大晦日のように実際に暦上に現れてしまうわけです。

    このような自己矛盾に満ちた奇妙な巡り合わせの夜には、
    月を牛が飛び越えることがあるかもしれないと何とも愉快になりました。


    [No.410] 新年&教授!おめでとうございます! 投稿者:長窪(ピピン)  投稿日:2010/01/03(Sun) 18:45
    [関連記事

    おお。うさぎ足さま、あけましておめでとうございます。
    今年もぜひともごべっこんに!
    そして早速の乾杯の音頭をありがとうございます。

    また、今年もこの日がやってきました。
    さあ、トールキン教授の誕生日を祝して、みんなでグラス片手に「Professor!」


    [No.409] おお、いらっしゃいませ! 投稿者:長窪(ピピン)  投稿日:2010/01/03(Sun) 18:42
    [関連記事

    mogさま、あけましておめでとうございます。ようこそいらっしゃいました。
    さあ、どうぞこちらへ。
    今年のお正月は冷えますのでジンジャー入りの紅茶をどうぞ。

    今年もよろしくおつきあいくださいませ。


    [No.408] 新年明けましておめでとうございます 投稿者:うさぎ足  投稿日:2010/01/03(Sun) 11:38
    [関連記事

     ピピン様 皆様 明けましておめでとございます

     お正月の気分に微睡んでいたら、もう三日、プロフェッサー・トールキンのお誕生日です。

     ハッピー バースデー プロフェッサー!!皆で良き酒を酌み交わさん!!

     美味しそうなテーブルにご馳走が山ほど載っています。今年はこのテーブルに着きたいものです。皆様宜しくお願い致します。


    [No.407] Re: 明けましておめでとうございます 投稿者:mog  投稿日:2010/01/02(Sat) 17:26
    [関連記事

    2010が明けました。

    「新年を寿ぎてお祝いを申し上げます」

    良い年になりますように、良いことが多くある年でありますように。
    幸せと想うことがひとつでも増えますように。

    今年も何卒ご別懇に!


    [No.406] 明けましておめでとうございます 投稿者:長窪(ピピン)  投稿日:2010/01/01(Fri) 00:00
    [関連記事

    2010年、おめでとうございます。素晴らしい年となりますように。本年もどうぞよろしくお願いいたします。


    [No.405] 美味しそうな本を二冊 投稿者:長窪(ピピン)  投稿日:2009/12/23(Wed) 20:48
    [関連記事

    「バルサの食卓」上橋菜穂子・チーム北海道 新潮文庫 2009

    おもしろい。これはおもしろい。本の紹介の時にはいつもネタバレしないように気をつけるのですが、今回のメインはレシピや写真なので、気楽に具体的内容を書き込もうと思います。
    とにかく、さすがプロの料理人が作っただけあって、本当に料理の写真がきれいです。とろとろのマンゴーが絡んだ猪肉の葉包み焼き、醤油味と味噌味の2タイプ用意されたタンダの山菜鍋、ローストビーフ風のジューシーなサンガ牛の炙り焼き、照り焼き丼っぽいノギ屋の弁当風鳥飯。汁かけ飯に至っては、守り人の旅芸人の女でなくても、「言わないでぇ」ならぬ「見せないでぇ」と言いたくなるほど魅力的です。小夜が食べた菜飯や胡桃餅は歯ごたえも楽しめそうです。「獣の奏者」のハラクはチャイミルクティ風となり、「守り人」のラコルカはミルクティ風。サムがつくった「ウサギ肉シチュー」とはちょっと違う羊肉をミルクで煮込んだラルウ、ナンのような無発酵パンのバム(守り人)とファコ(獣の奏者)・・こんな料理30数品をたった一日で作るなんてスゴい。
    最後に、本の最後にくっついている新潮文庫の紹介が、上橋菜穂子さんの本以外に料理や食事関係の本がずらりと並んでいて、この本がそういうジャンルなのだと改めて認識させられました。

    追記
    その後続けて読んだのが有川浩の「植物図鑑」。植物の話というよりは、雑草(という植物はないらしいが)を食べる話でした。「図書館戦争」のスピンオフより甘甘ですが、心にじわわわ・・と来るのが気持ちいいですね。偶然二作続けてレシピが載っている本だったのでちょっと不思議で満足な気分でした。


    [No.404] 「レッドデータガール2」 読了 投稿者:長窪(ピピン)  投稿日:2009/12/23(Wed) 20:43
    [関連記事

    「RDGレッドデータガールはじめてのお化粧」 荻原規子 2009 角川書店

    本格的に長くなりそうな気配です。どんどん話が広がっていくので、かなり楽しめそうですよ。主人公のまわりには、時代や地域を越えた特殊技能を持ついろいろなタイプの人たちの異種格闘技ごった煮状態。1巻で出てきた男の子が2巻でもちょっぴり出てきます。なんとなく草十郎っぽい感じがして、懐かしさを感じました。
    タイトルが「はじめてのお化粧」なのに、その化粧の出番は1巻と同じでやっぱり最後でした。何かこだわりがあるのかなあ?
    話運びは、「空色勾玉」三部作より軽く、西の善き魔女より少し重い印象で、全体的にはスピーディで軽妙。
    主人公は2巻でも煮えきらないのですが、徐々に成長することを期待したいです。


    [No.403] 続いて「レッドデータガール」 読了 投稿者:長窪(ピピン)  投稿日:2009/11/23(Mon) 23:00
    [関連記事

    とりあえず1巻。

    レッドデータって絶滅危惧種じゃなかったっけ?と思いつつ読み始めて見て、
    レアで希少価値のある能力の唯一の持ち主ってことかなあと考えました。
    表紙の絵は、柔らかい和風なデザインです。
    若葉を背景に長いお下げ髪で初々しい巫女の横向き立ち姿、落ち着いた感じです。
    神社の娘とその守護者っていう組み合わせは、
    最近マンガでいくつか見たような気がするので、
    どんな風になっていくのか心配半分、期待半分。
    この話の「修験者(山伏)」という存在は、守護者なのか違うのか、
    立場はまだよくわからないけど、若い山伏「深行」は成長株で楽しみです。

    サブタイトルの「はじめてのお使い」っていうのは
    「遠方への初旅行ということかな、うーん、どういう意味だろう」と考えていたけれど、
    まさか最後にこんな使われ方をするとは思っていなかったので、笑ってしまいました。
    まだ話は始まったばかりみたいで、ずいぶん続きそう。
    三部作とかでは終わりそうにない気がします。全何巻になるのかなあ。


    [No.402] クレストマンシー2冊 読了 投稿者:長窪(ピピン)  投稿日:2009/11/23(Mon) 22:51
    [関連記事

    自己レスです。

    さっそく取り寄せて読んでみました。
    ネタバレにならないように気をつけながら、小さな感想をアップしてみます。

    「魔法の館にやとわれて」

    表紙の絵がおもしろいですねえ。
    最初に表の表紙絵を見た時「おお!迫力があるなぁ」と思ったのですが、
    裏&表の表紙絵全面を開いてさらに「うおぅ!」と叫んでしまいました。
    クリストファーが、切れ者らしく小生意気で兄貴風を吹かしているかと思うと、
    涙ぐましいほど必死に人探しをしたり、焦ったり、落ち込んだり、
    とてもいい味を出しています。
    そんなクリストファーに最初はいらいらしたものの、
    その性格を徐々に理解してどんどんいい相棒になっていく主人公のコンラッドも
    なかなか大物です。それから最後の「ちゃぶ台返し」は健在でした。


    「キャットと魔法の卵」

    次代クレストマンシーのキャットが少し成長しています。
    クリストファーとは違って、キャットは遠慮がちで、思慮深く、控えめです。
    主人公のマリアンを含めて大魔法使いクラスの若い世代の人物が
    ずいぶんたくさん出てきました。
    クレストマンシーという存在は、いつもいいところに颯爽と現れて、
    スマートにこんがらがった問題を解決しているような気がするのですが、
    このクリストファー・クレストマンシーは今回の相手方のターゲットだけに
    一度ならずも事件に巻き込まれてかなり大変そうです。
    もちろん、最後の「ちゃぶ台返し」はラスト1/10できっちりやって来ました。


    | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 |


    - Web Forum -   Modified by isso