総アクセス数 躍る小馬亭別館@袋小路屋敷の庭
躍る小馬亭別館@袋小路屋敷の庭
[もどる] [新規投稿] [新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]
  • 以下は新規投稿順のリスト(投稿記事)表示です。
  • 48時間以内の記事は new! で表示されます。
  • 投稿者のメールアドレスが収集ロボットやウイルスに拾われないよう工夫して表示しています。
  • 指輪物語を愛する人たちの部屋です。「指輪」やファンタジーの話をしましょう。
  • 暗証キーは投稿者が自分の発言を修正削除するためのもの必ず記入してください。
  • 無関係な内容の書き込みや他のHPへの許可なき勧誘などの書き込みはご遠慮願います。

  • [No.471] Re: ホビット2初日 投稿者:   投稿日:2014/03/10(Mon) 21:59
    [関連記事URL:http://deagol.web.fc2.com/index.html

    ===ネタばれ注意===



    『竜に奪われた王国』観賞して参りました。

    ビヨルン・スマウグ、待ち望んだ姿をようやく目にすることが出来きました。

    獣型のビヨルンはもっと大きい姿を想像しておりました故、最初に出て来た時には
    ワーグと区別がつきませんでした。人型も以外に細身。今後の大暴れに期待したいと思います。

    スマウグはあれ程にも登場場面があるとは思いませんでした。王国での大暴れはいい意味で期待を裏切ってくれましたが、
    もう少し感情を抑え気味の方が人間味を感じないで良かったかもしれません。
    あの巨体で蠢く姿はド迫力ではありましたが、バルログのような太古の世界から伝わる闇の恐怖という感じではありませんでした。
    スマウグの真の恐怖が第三部までお預けとなってしまったのも残念でございます。

    しかしサウロンの登場には鳥肌が立ちました。ガンダルフとの光と闇のせめぎ合い、そして炎となって現れた鎧兜の輪郭。
    『ロード・オブ・ザ・リング』との繋がりを描く事に相当力を注いだのでしょうか。第三部でも大きな位置を占めそうな展開に
    期待が膨らみます。

    そして闇の森のエルフ達。原作らしいと言えばそうですし、らしくないと言えばそうとも言える描写が多々。
    ロスロリエンとは程遠い自堕落ぶりを見せるエルフ達は人間のように見えました。
    レゴラスもどことなく尊大さを見え隠れさせ、戦い方もまだ洗練されていない感じが。

    そして何より、タウリエルでございます。あまりに異質というか、エルフ的でない感じが。シルヴァン・エルフ故でしょうか。
    レゴラスとの関係を想像しておりましたら、まさかあのような展開になろうとは。エルフとしては少し直情的すぎる感じもしました。

    原作が『ロード・オブ・ザ・キング』と比べて児童向けに描かれた事もあるでしょうが、それを『指輪』と繋げるために苦心した
    というところでしょうか。全体的に『冒険活劇』感が強く出ていたのもPJならではだったかもしれません。

    個人的にはガンダルフ対サウロンがベストシーンでございました。

    第三部はスマウグ・サウロン・五軍の合戦と、とんでもないことになりそうで楽しみです。


    [No.470] ホビット2初日 投稿者:長窪  投稿日:2014/03/02(Sun) 17:48
    [関連記事

    大変楽しい映画でした。

    個人的には
    タイトルが「インディジョーンズ」なら
    さらに楽しかったかもしれません。

    それから、
    オークと
    若いエルフたちと
    ラダガストが出なかったら
    もっと感動したかもしれません。

    原作ファンという業は深いですな。

    でも、「ホビットの冒険」には「指輪」よりも、
    ワクワクする軽快さがあります。
    そういう風に教授は書きたかったのかな
    という気もします。
    映画鑑賞の一度目は
    原作に敬意を払いたいと思います。
    そして、二度目からは、力を抜いて
    PJ版「ホビット」をしっかり楽しもうかな。


    [No.469] Re: 明けましておめでとうございます。 投稿者:   投稿日:2014/01/04(Sat) 01:06
    [関連記事URL:http://deagol.web.fc2.com/index.html

    新年、あけましておめでとうございます。

    いよいよ『ホビット』第二紀の幕開けが近付いて参りました。漏れ伝わる第二部の映像を
    観ては、一人その日が来るのを待ちわびる新年でございます。

    今年も一年、よろしくお願い申し上げます。


    [No.467] The Proffesor!! 投稿者:長窪  投稿日:2014/01/03(Fri) 12:59
    [関連記事

    さて、今年も教授の誕生日がやって参りました。敬愛の気持ちを込めて、Hobbit Yearの記念すべき今日を、一緒に祝いましょう!

    グラスを持って、では!

    The Proffesor!!


    [No.466] 明けましておめでとうございます。 投稿者:長窪  投稿日:2014/01/01(Wed) 00:02
    [関連記事

    今年もよろしくお願いします。
    ホビット二年目は、どうなるのでしょうか。

    それにしても、ここのところ、新年の挨拶と教授の誕生日くらいしか、更新してないってどうなの、という気がしますが。


    [No.463] Re: ホビット観ました 投稿者:   投稿日:2013/01/07(Mon) 23:14
    [関連記事URL:http://deagol.web.fc2.com/index.html

    ===   ネタばれ注意   ===


    映画『ホビット』観て参りました。
    『ロード・オブ・ザ・リング』同様、冒頭から繰り広げられるド迫力な戦争描写にまずは
    圧倒されました。
    島の形状に沿って形作られたエスガロスの街並みに心躍らせ、深くも重厚に刻まれた
    エレボールの王国に驚嘆し、そこを襲撃するスマウグの想像を絶する(と思われる)
    巨体に興奮致しました。全貌はまだお預けでしたが、サウロンと手を組まれたら終わり
    であったであろうその力の一端を垣間見せてくれました。トールキン教授のスケッチに
    あった通りの尻尾も見られて、早くその全貌を拝みたいばかりでございます。

    また時を同じくしてお目見えしたスランドゥイル王。優雅にして何か冷徹さを感じさせる
    風貌はレゴラスとは違う王の風格でしょうか。後にまた登場してくれる事でしょう。
    楽しみでございます。

    原作の子供向けに描かれた陽気な雰囲気は完全にドワーフ(トーリンを除く)に受け継がれ
    ビルボとの掛け合いが『ロード・オブ・ザ・リング』の時代には失われた、まだ闇の力が
    完全には世界を覆っていない時代の世界観を作り上げていたと思います。
    それはエルフにも感じられ、あの豪華メンバーによる裂け谷での賢人会議ではイスタリと
    同等かそれ以上とも感じられる力を垣間見せるガラドリエルと、気品に満ちつつもまだ
    若々しく行動的で力強いエルロンドが輝いておりました。まだ時代がエルフのもので
    あった、その終わり行く瞬間だったのでしょうか。

    そしてフロドの登場。ビルボとの想像した以上の会話のやり取りがあって、私も自然と
    『ロード・オブ・ザ・リング』へと想いを馳せてしまいました。

    他に印象的だったのがドル・グルドゥアと死人占い師の描写です。あれは紛れもなくサウロン。
    第一作目でこの描写入れたという事は、三部作になった『ホビット』中で、サウロンが
    モルドールへ移り住むことになる白の会議によるドル・グルドゥアの掃討戦が描かれる
    のでしょうか。一作中に『ロード・オブ・ザ・リング』への布石がふんだんに描かれた
    所を見ると、後二作への期待がいやが上にも高まります。

    更に原作『指輪物語』を思い起こさせる情景も。特にバーリンがビルボとよく話をしている
    場面が度々描かれた所は、モリアであのような最期を遂げるモリアの領主の悲痛な叫びを
    どうしても思い出していまいました。

    後はラダガスト。あれ程までの大役と活躍の場があろうとは。情けないようでいて
    ドル・グルドゥアでの活躍は、彼もイスタリである事を感じさせてくれました。

    そして我が主スメアゴル。登場の場面から心が震えておりました。
    指輪に支配されつつも垣間見せるホビットだった頃の思い出が現れるなぞなぞ合戦は
    緊張感に満ち満ちつつも感慨深いものがありました。また、その中でさりげなく描かれた
    指輪の心変わりは原作の描写を見事に再現していて素晴らしかったです。

    おぉ、そしてスメアゴルがビルボに情けをかけられる場面。自分自身以上のものを失って
    しまったかのようなスメアゴルの絶望と悲嘆に暮れた表情が胸を締め付けました。

    原作と違って先に『ロード・オブ・ザ・リング』が作られた事もあって、映画『ホビット』は
    その後の物語に繋がる描写が映画に対しても原作に対してもうまく描かれていたと思います。
    これで益々、後の二作への期待が高まって参りました。

    初見にて語り尽くせぬ感想をば、かいつまんで。


    [No.462] ようこそ!!おめでとうございます! 投稿者:長窪(ピピン)  投稿日:2013/01/03(Thu) 22:34
    [関連記事

    イヴの一族さま
    いらっしゃいませ。

    そうそう、ドワーフの合唱、びっくりしました。
    今回は歌がたくさん入っていて嬉しいです。
    でも、実はまだ吹き替えしか観ていないので、
    字幕版が気になっています。

    二度目の鑑賞、いいですねえ。
    字幕・吹き替え・3Dなど組み合わせて
    何度でも楽しめますね。

    今年もよろしくお願いします!!


    [No.461] Re: あけましておめでとうございます 投稿者:イヴの一族  投稿日:2013/01/03(Thu) 21:25
    [関連記事

    長窪さま 皆様 おめでとうございます!

    ホビット。字幕と吹き替え観ました〜
    あっという間の3時間
    ドワーフの合唱(^^)v心に沁みました〜
    また中つ国の世界にひたれますね。PJありがとう

    The Professor!!


    [No.460] おお、おお!The Professor!! 投稿者:長窪(ピピン)  投稿日:2013/01/03(Thu) 20:32
    [関連記事

    うさぎ足さま、
    いらっしゃいませ!&明けましておめでとうございます。

    しかもお誕生日のお祝いパーティ準備に遅れてしまいました。
    おお、ちゃんとすでに始めてくださっていたのですね。
    ありがとうございます。

    こほん、では、えー、
    皆様、お手元のグラスを掲げて、ご一緒に!

    The Professor!!


    [No.459] であごるさま!ようこそ! 投稿者:長窪(ピピン)  投稿日:2013/01/03(Thu) 20:23
    [関連記事

    あけましておめでとうございます!

    なんと、であごるさまはまだ未鑑賞ですか!
    なかなか盛りだくさんの楽しい映像となっておりますよ。

    今年もよろしくお願いいたします。


    | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 |


    - Web Forum -   Modified by isso