総アクセス数 躍る小馬亭別館@袋小路屋敷の庭
躍る小馬亭別館@袋小路屋敷の庭
[もどる] [新規投稿] [新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]
  • 以下は新規投稿順のリスト(投稿記事)表示です。
  • 48時間以内の記事は new! で表示されます。
  • 投稿者のメールアドレスが収集ロボットやウイルスに拾われないよう工夫して表示しています。
  • 指輪物語を愛する人たちの部屋です。「指輪」やファンタジーの話をしましょう。
  • 暗証キーは投稿者が自分の発言を修正削除するためのもの必ず記入してください。
  • 無関係な内容の書き込みや他のHPへの許可なき勧誘などの書き込みはご遠慮願います。

  • [No.27] 映画 投稿者:長窪(ピピン)  投稿日:2006/06/19(Mon) 22:13
    [関連記事

    「言語」も無事届きました。
    思った以上にわかりやすくて良かったです。
    伊藤先生もがんばってました。

    ダヴィンチ・コード、ご覧になられたのですね。
    今週行く予定です。
    いつものように、期待は低め、警戒は最高に。


    [No.26] 「錬金術」なんですよ(笑) 投稿者:森島紫晶  投稿日:2006/06/17(Sat) 19:06
    [関連記事

    > 「錬金術」
    >
    > 何ともいかがわしい名前でいいですねえ。

    そうなんですよ。
    「錬金術」だなんて!!(笑)
    新聞の書評で見た時から、違う意味で読みたくって(笑)仕方ありませんでした。

    > 読んでみて、魔法の雰囲気が「めざめれば魔女」に似ているような気がしました。
    > 彼女の作品は、ダイアナ・ウィン・ジョーンズに比べると多少派手さは少ないものの、
    > 後半まで確実にちゃんと読者を引っ張っていく力量はすばらしいです。
    > ミステリー風のテイストを少々効かせつつ、
    > 特別な力を備えた主人公の成長を描くという基本スタイルは続いていました。
    >
    ほうほう。
    「めざめれば魔女」はずっと気になってはいたものの、なかなか手が出せなかった作品なんですよ。
    この際、ぜひ一緒に読んでみたいと思います。

    > さて、次は、ずっと見ないふりをしていた
    > 「ブレイブ・ストーリー」かな。
    > やはり、映像の洗礼を受ける前に原作に目を通して、
    > 文字の力を確認しておきたいと思います。

    「ブレイブ・ストーリー」
    見る前に読むか、読んでから見るか、私もどうしようか悩んでいます。
    個人的には、アニメとしての魅力がいまいち感じられないので、やはり文字の力を確認しておきたいように思います。


    [No.25] 予告 投稿者:mog  投稿日:2006/06/16(Fri) 13:26
    [関連記事

    ☆『言語6月号』、私も熱帯雨林にまず行って、品切れの文字にクラっ...気を取り直し直接出版元にお願いしたもののくるかどうかちょっと心配しましたが、昨日届いてほっ。目次だけでもわくわくしています。
     さて、今年の夏もファンタジーを映画化したものが百花繚乱、という感じですね。
     ダヴィンチ・コード吹き替えを観た時、予告はゲドとブレイブ・ストーリー。
     ゲドの予告でとても気になっていた事があったのですが、チラシに“シュナの旅”を参考にしたとあった事から得心する事が出来ました。予告を見ていると昔昔の東映長編動画の作品群と父親、駿氏のこの作品を思い出さずにいられなかったのです。
     ブレイブ・ストーリーも力、入ってますね。
     果たして、どういう出来上がりになるのでしょうか。
     今まで原作を読んで観ていましたが、最近は観てから判断しようと趣旨替えしました。読む、ことは出来ます。しかし、どれだけ頭の中に残っているか、怪しくなっています、哀しいかな。字面だけ読んでしまっている事が多くなっているんですね..。読みたい!!という目的意識の強い勢いが必要になっている、なんだかなぁ。。寂しいな。時間が一日が妙に短く感じられてしまうこの頃、初めて指輪物語を読んだ時のあの没頭感が懐かしく思われます。でも、6月24日清水さんの講演会聞いたらどうなるかな?やっぱり熱帯雨林には近寄らないほうがいいかもしれません。


    [No.24] マーガレット・マーヒー 投稿者:長窪(ピピン)  投稿日:2006/06/13(Tue) 23:27
    [関連記事

    久しぶりに彼女の作品を読みました。

    「錬金術」

    何ともいかがわしい名前でいいですねえ。
    翻訳者が清水真砂子さんではないようです。

    読んでみて、魔法の雰囲気が「めざめれば魔女」に似ているような気がしました。
    個人的にはこの「めざめれば魔女」で魔女に目覚めていく場面が大好きなので、
    それだけでもう読んだ価値がたっぷりあるように思いました。

    彼女の作品は、ダイアナ・ウィン・ジョーンズに比べると多少派手さは少ないものの、
    後半まで確実にちゃんと読者を引っ張っていく力量はすばらしいです。
    無駄のない展開もいいですね。
    ミステリー風のテイストを少々効かせつつ、
    特別な力を備えた主人公の成長を描くという基本スタイルは続いていました。

    この夏はいろいろとファンタジーがかった映画も多そうです。

    さて、次は、ずっと見ないふりをしていた
    「ブレイブ・ストーリー」かな。
    やはり、映像の洗礼を受ける前に原作に目を通して、
    文字の力を確認しておきたいと思います。


    [No.23] いらっしゃいませ〜 投稿者:長窪(ピピン)  投稿日:2006/06/13(Tue) 23:14
    [関連記事

    丸面チカさま!ようこそ〜新しい躍る小馬亭別館へ!

    お待ちしておりました!
    どうぞ、蕎麦をたんと召し上がれ。(わんこそば状態?)
    お憑きの(?)幽鬼千匹も良かったらご一緒に。

    幽鬼センサー(一発変換・・ってどうよ?)発の「月刊言語」!
    そうそう、聞いていたのに、買い忘れておりました。
    ありがとうございます!!危ないところでした。
    じゃあ、amazonへ・・・・と出かけたのですが、
    ぎゃー、普通のネット書店じゃ品切れ・・
    翌日、地元の本屋に「絶対絶対探して持ってきてね!」
    としつこく念を押しました。
    ・・大丈夫かなあ。

    ブログまたお邪魔しますね。
    これからも共に幽鬼道を突き進みましょうぞ。

    丸面チカさまの「一つの指輪」に乾杯!
    これからもどうぞ御別懇に!では


    [No.22] おおお、すごい、いただきま〜す 投稿者:長窪(ピピン)  投稿日:2006/06/12(Mon) 22:48
    [関連記事

    唐鳥えるさま

    > ところどころに新しい技術があり、一段と居心地の良いお館でございます。

    さすがは唐鳥えるさま、お目が高い!
    お褒めにあずかり光栄でございます。

    さておみやげのフ○イバーのダークチェリーパイ、いただきます。
    うーん。震いつきたいほど魅力的!

    > 「指輪物語」を読むと、私の中のよからぬものが、
    > じょじょびじょヴぁ〜じょびじょヴぁ〜

    わっはははは! これはいい! 
    強力なキャッチフレーズ、インパクトあるなあ〜
    繰り返し反芻してしまいます(笑)。

    唐鳥えるさま、ぜひ、これからも、
    どうかどうか、ガンガンいらしてくださいよ〜!!
    心からお待ちしております。

    では唐鳥えるさまの「聖典」にかんぱ〜い!!

    (後ろのテレビが、日本戦前半終了のホイッスルを伝えています)


    [No.21] ありがとうございます。 投稿者:長窪(ピピン)  投稿日:2006/06/12(Mon) 22:36
    [関連記事

    であごるさま、いらっしゃいませ。

    お祝いの言葉をありがとうございます。
    楽しい部屋となりますよう精進いたします。

    今後ともよろしくお願い申し上げます。


    [No.20] いらっしゃいませ 投稿者:長窪(ピピン)  投稿日:2006/06/11(Sun) 23:46
    [関連記事

    北国のあきさま 

    ミントティーありがとうございます。
    紫晶さまのケーキ&クッキーと一緒に頂きます。
    おおお、爽やかな良い香りがします。
    夏の初めの香りです。

    お題、そんなに悩ませてしまって済みません。

    > いつも手の届く距離に置いておきたい入り口

    わははは、なるほど、入口だけなんですね。
    うまい!確かにそうかもしれません。
    中の迷路は進んでも進んでも果てしがない・・

    > もう心にOneRingがはまってますか?

    えへへ、あきさまには何でもお見通しですね。
    ええ、もう、ばっちりはまっております。

    しっかり宿題(?)受け取りましたぞ。
    ではグラスをとってさあ、乾杯!


    [No.19] ありがとうございました 投稿者:長窪(ピピン)  投稿日:2006/06/11(Sun) 23:24
    [関連記事

    森島紫晶さま、ようこそおいでくださいました。

    先日はお祭りの用意で大変お忙しいところ、
    お祝いを頂きましてありがとうございました。
    あの日、いらっしゃった従者の方にもよろしくお伝えください。

    おお、抹茶ケーキとクッキーですか。
    さっそくみんなで頂きましょう!!
    蓋を開けると良い香りがして参りましたよ。

    決してたどり着けない「黄金郷」「常に仰ぎみている孤高の存在」
    おっしゃるとおり、その深さも高さも破格ですねえ。
    ただの書物なのに、決してその広さを見極めることが出来ない。
    永遠のあこがれですなあ。

    では、指輪の虜となってしまった者たちの饗宴を始めましょうか。
    かんぱーい!


    [No.18] お引越し御祝い 投稿者:丸面チカ  投稿日:2006/06/11(Sun) 00:23
    [関連記事URL:http://chamber2.exblog.jp/

    お引越し完了、おめでとうございます!
    新しい踊る小馬亭別館の前途に乾杯〜♪

    長窪さま、みなさま、お久し振りでございます。
    ようやくのそのそと出て参りました。
    おいしいお蕎麦がのびきらないうちに、とご挨拶。
    (食い気だけはホビットですから!)

    さてさてお題でございますが、

    > 「あなたにとって指輪物語とは?」
    「一つの指輪」のようなものです。
    北国のあきさまの仰るとおり、心にぎゅっとハマっております。
    『指輪物語』に関連するものならば何でも幽鬼センサーが
    ピピッと働くようになってしまいました。

    > 「指輪物語を紹介するキャッチフレーズを一つ!」
    シャーッ!!
    ・・・ホビットですが、心は勇気千倍ならぬ、幽鬼千匹です。

    さて心行くまでお蕎麦頂きまして、ご馳走さまです!

    そこで御祝いの品を一つ。
    幽鬼センサーがこんなものを捕らえました。

    『月刊 言語』2006年6月号 Vol.35-No.6 大修館書店 (定価920円)
    特集は「ファンタジーの詩学 想像力の源泉をたずねて」
    記事は、
    ・二重性の文学としてのファンダジー - 『ナルニア』から『指輪物語』そして映像の時代へ(井辻朱美)
    ・「ケルト」神話とファンタジー(辺見葉子)
    ・アジアのファンタジー(松枝到)
    ・ファンタジーを生み出す心(上尾真道)
    ・子どもの遊びからファンタジーへ(無藤隆)
    ・ファンタジーの種子 - パシュラールの物質的想像力(及川馥)
    ・言語学者トールキンの横顔(伊藤盡)
    となっています。
    ttp://thistle.est.co.jp/tsk/detail.asp?sku=50606&page=1
    (↑先頭にhを!)

    ご興味に適えば幸いです。
    さいきんブログに手を入れておらず心苦しく思っておりますが、
    暇を見つければまた再開いたします。
    また皆様よろしくお願いします!


    | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 |


    - Web Forum -   Modified by isso