総アクセス数 躍る小馬亭別館@袋小路屋敷の庭
躍る小馬亭別館@袋小路屋敷の庭
[もどる] [新規投稿] [新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]
  • 以下は新規投稿順のリスト(投稿記事)表示です。
  • 48時間以内の記事は new! で表示されます。
  • 投稿者のメールアドレスが収集ロボットやウイルスに拾われないよう工夫して表示しています。
  • 指輪物語を愛する人たちの部屋です。「指輪」やファンタジーの話をしましょう。
  • 暗証キーは投稿者が自分の発言を修正削除するためのもの必ず記入してください。
  • 無関係な内容の書き込みや他のHPへの許可なき勧誘などの書き込みはご遠慮願います。

  • [No.33] シュナ戦記? 投稿者:長窪(ピピン)  投稿日:2006/07/07(Fri) 11:03
    [関連記事

    シュナの旅って駿氏の作品なんですよね。未読ですが・・・

    > 原作:ゲド戦記!原案:シュナの旅?

    わははは、おもしろいなあ、それって混ぜる物ですかい?
    新たな錬金術かもしれませんなあ・・(爆)

    気分はもう、どこからでもかかってきなさい、ですね(笑)


    [No.32] Re: ナルニアSEE 投稿者:長窪(ピピン)  投稿日:2006/07/07(Fri) 10:56
    [関連記事

    ほおお、あのナルニアに追加映像ですと?

    女王様が鞭をおふるいになる場面を増やすとか、
    女王様がシロクマ以外にお乗りになるとか、
    女王様がプリンをデザートにお加えなさるとか(笑)。

    うーん、財布の紐がゆるむにはまだかなり必要ですだ。

    もし、SEEがあるとしたら、どこが増えると思いますか?


    [No.31] ナルニアSEE 投稿者:森島紫晶  投稿日:2006/07/07(Fri) 09:20
    [関連記事

    某巨大掲示板でみつけた情報ですので、ガセかもしれませんが、ナルニアのDVD、SEEバージョン発売が予定されているとかいないとか?

    いかがですか?ナルニアのSEEって。
    正直指輪のように散財しようとは思えないので、買うべきか否か悩んでいます(笑)


    [No.30] シュナの旅 投稿者:森島紫晶  投稿日:2006/07/07(Fri) 09:16
    [関連記事

    >  ゲドの予告でとても気になっていた事があったのですが、チラシに“シュナの旅”を参考にしたとあった事から得心する事が出来ました。予告を見ていると昔昔の東映長編動画の作品群と父親、駿氏のこの作品を思い出さずにいられなかったのです。

    某巨大掲示板からの情報ですので、真実か否かはわかりませんが、試写会を見た方によるとラストのテロップに「原案、シュナの旅」と銘打ってあるそうです。
    原作:ゲド戦記!原案:シュナの旅?
    いったいどんな物語なんでしょうね?
    今からとてもワクワクしてきます_| ̄|○


    [No.29] 「ブレイブストーリー」読了 投稿者:長窪(ピピン)  投稿日:2006/07/03(Mon) 22:41
    [関連記事

    まず一言。宮部みゆきさんの作品はこれまで読んだことがないのですが、
    こういう柔らかな作風は私が勝手に抱いていた宮部さんのイメージとはちょっと違っていました。
    最初は、主人公の現実の激しさに比べて、
    幻界で次々と繰り広げられるイベントのお手軽さやお約束の対話、
    ご都合主義の展開が繰り広げられます。
    明らかにRPGを意識して、というよりも、わざとそんな風にして、
    まず軽さを強調しているのでしょう。
    (私はゲームのPRGは嫌いじゃないです。念のため)
     でもそれで終わったらふにゃふにゃだし、まさかそんなはずはないだろうと思っていたら、
    やはり、少しずつ試練が厳しくなってきて、幻界でもやっぱり簡単じゃないよ〜と
    ファンタジーの基本形に忠実な話になっていきました。
    さらに、ファンタジーならではの世界秩序を利用していろいろな問題提起を練り込んだり、
    精神世界で主人公たちの戦いがあったりして、むしろ後半のほうが楽に読むことが出来ました。
    でも、内容の割にちょっと長いかも。
    それから、説明っぽさやまだるっこさ、感情的な描写に対する気恥ずかしさが、
    たまに気になって、物語に完全には入り込めなかったのが残念です。
    ゲドや指輪などにはこれらを全然感じないのですが、
    日本のファンタジーの多く、たとえばオレンジ党やドーム郡からサジェは、
    この違和感が強かった印象があります。
    それらに比べるとブレイブストーリーはあまり感じないほうですし、
    勾玉三部作などはほとんど違和感ないので、「日本」で括るのは間違いかもしれません。
    そういえば、崖の国やセブンスタワー、ダレンシャンといった
    最近の翻訳ファンタジーのいくつかにも共通する感覚ですし。
    これって、翻訳調の堅い文章に慣れてしまった不自然な感覚なのでしょうか。
    結局、メッセージを込めてしっかり書かれたファンタジーだという印象で、
    宮部さんの言語の力を感じる箇所が随所にありました。
    でも、アニメ映像化しても、わかりやすくて楽しめそうな気がします。
    (さて、実際はどうかな?)


    [No.28] 想像力をかき立てる言葉 投稿者:長窪(ピピン)  投稿日:2006/06/19(Mon) 22:35
    [関連記事

    おっ!紫晶さまも「新聞の書評」で見かけられたのですね。
    実は私もです。
    新聞の広告や書評って結構気になりますよね。
    最近は特に意識して見ることにしています。
    すると、ファンタジー関係の広告って思った以上に多いんですよ。

    「めざめれば魔女」、話は複雑ではないのですが、雰囲気が独特なのです。
    どこかしら秘密めいていてしかも奇妙な感覚。
    なぜか「ポーの一族」なんかを思い浮かべます。
    (全然違うんですけどねえ・・)
    もし読まれたら感想をお聞かせください。

    「ブレイブ・ストーリー」
    紫晶さまも未読なんですね。
    読み始めたものの、まだ、少ししか進んでいません。
    映画までに間に合うのでしょうか・・?

    以前にも書いたことがあるような気がするのですが、
    「錬金術」はこの名前が持つ「歴史」のいかがわしさがありますが、
    それに加えて、一瞬めまいを起こす力を持つ言葉がありますよね。

    たとえば、「水族館」とか「遊園地」とか。

    こういうコンセプトって、aiwendilさまが勧めてくださった
    クラフト・エヴィング商會の「どこかにいってしまったものたち」などに
    少し通じる気がします。


    [No.27] 映画 投稿者:長窪(ピピン)  投稿日:2006/06/19(Mon) 22:13
    [関連記事

    「言語」も無事届きました。
    思った以上にわかりやすくて良かったです。
    伊藤先生もがんばってました。

    ダヴィンチ・コード、ご覧になられたのですね。
    今週行く予定です。
    いつものように、期待は低め、警戒は最高に。


    [No.26] 「錬金術」なんですよ(笑) 投稿者:森島紫晶  投稿日:2006/06/17(Sat) 19:06
    [関連記事

    > 「錬金術」
    >
    > 何ともいかがわしい名前でいいですねえ。

    そうなんですよ。
    「錬金術」だなんて!!(笑)
    新聞の書評で見た時から、違う意味で読みたくって(笑)仕方ありませんでした。

    > 読んでみて、魔法の雰囲気が「めざめれば魔女」に似ているような気がしました。
    > 彼女の作品は、ダイアナ・ウィン・ジョーンズに比べると多少派手さは少ないものの、
    > 後半まで確実にちゃんと読者を引っ張っていく力量はすばらしいです。
    > ミステリー風のテイストを少々効かせつつ、
    > 特別な力を備えた主人公の成長を描くという基本スタイルは続いていました。
    >
    ほうほう。
    「めざめれば魔女」はずっと気になってはいたものの、なかなか手が出せなかった作品なんですよ。
    この際、ぜひ一緒に読んでみたいと思います。

    > さて、次は、ずっと見ないふりをしていた
    > 「ブレイブ・ストーリー」かな。
    > やはり、映像の洗礼を受ける前に原作に目を通して、
    > 文字の力を確認しておきたいと思います。

    「ブレイブ・ストーリー」
    見る前に読むか、読んでから見るか、私もどうしようか悩んでいます。
    個人的には、アニメとしての魅力がいまいち感じられないので、やはり文字の力を確認しておきたいように思います。


    [No.25] 予告 投稿者:mog  投稿日:2006/06/16(Fri) 13:26
    [関連記事

    ☆『言語6月号』、私も熱帯雨林にまず行って、品切れの文字にクラっ...気を取り直し直接出版元にお願いしたもののくるかどうかちょっと心配しましたが、昨日届いてほっ。目次だけでもわくわくしています。
     さて、今年の夏もファンタジーを映画化したものが百花繚乱、という感じですね。
     ダヴィンチ・コード吹き替えを観た時、予告はゲドとブレイブ・ストーリー。
     ゲドの予告でとても気になっていた事があったのですが、チラシに“シュナの旅”を参考にしたとあった事から得心する事が出来ました。予告を見ていると昔昔の東映長編動画の作品群と父親、駿氏のこの作品を思い出さずにいられなかったのです。
     ブレイブ・ストーリーも力、入ってますね。
     果たして、どういう出来上がりになるのでしょうか。
     今まで原作を読んで観ていましたが、最近は観てから判断しようと趣旨替えしました。読む、ことは出来ます。しかし、どれだけ頭の中に残っているか、怪しくなっています、哀しいかな。字面だけ読んでしまっている事が多くなっているんですね..。読みたい!!という目的意識の強い勢いが必要になっている、なんだかなぁ。。寂しいな。時間が一日が妙に短く感じられてしまうこの頃、初めて指輪物語を読んだ時のあの没頭感が懐かしく思われます。でも、6月24日清水さんの講演会聞いたらどうなるかな?やっぱり熱帯雨林には近寄らないほうがいいかもしれません。


    [No.24] マーガレット・マーヒー 投稿者:長窪(ピピン)  投稿日:2006/06/13(Tue) 23:27
    [関連記事

    久しぶりに彼女の作品を読みました。

    「錬金術」

    何ともいかがわしい名前でいいですねえ。
    翻訳者が清水真砂子さんではないようです。

    読んでみて、魔法の雰囲気が「めざめれば魔女」に似ているような気がしました。
    個人的にはこの「めざめれば魔女」で魔女に目覚めていく場面が大好きなので、
    それだけでもう読んだ価値がたっぷりあるように思いました。

    彼女の作品は、ダイアナ・ウィン・ジョーンズに比べると多少派手さは少ないものの、
    後半まで確実にちゃんと読者を引っ張っていく力量はすばらしいです。
    無駄のない展開もいいですね。
    ミステリー風のテイストを少々効かせつつ、
    特別な力を備えた主人公の成長を描くという基本スタイルは続いていました。

    この夏はいろいろとファンタジーがかった映画も多そうです。

    さて、次は、ずっと見ないふりをしていた
    「ブレイブ・ストーリー」かな。
    やはり、映像の洗礼を受ける前に原作に目を通して、
    文字の力を確認しておきたいと思います。


    | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 |


    - Web Forum -   Modified by isso